ようこそゲストさん ログイン 新規登録 問い合わせ
戻る


【総投票数 601】
ジャンル名前表示問題コメント日付
20の扉部門牛削り愛・シンディ教 「丁寧な問題文に対して、どこか投げやりな印象も受けてしまう簡素な解説。何故この問いに対してこの解説なのか。解説を読んだ人は、もう一度問題文を読み返すことだろう。そして空白を自ら補って、心の中でこう呟く。「アアソウカ!」。納得させるタイミングをあえてワンテンポずらすことで、強く押し込めたバネが一気に伸張するがごとく、納得したときの爽快感が何倍にも跳ね上がっている。読者の推理力をよく理解し、信頼しなければ、ここまでクールには決められないだろう。」2016年12月30日02時
トリック部門牛削り浪漫飛行

【ネタバレ】コメントを見る

「風船で空を飛べると言う男を見て大笑いする私。この問題に参加した人は、男の計画の綻びを探そうと躍起になることだろう。しかし真相は、それとは全然違う、誰も目を向けなかったところにあった。推理「させられていた」方向性と、真相の方向性との落差には、もう笑うしかない。」
2016年12月26日01時
トリック部門牛削りデビルチルドレン

【ネタバレ】コメントを見る

「文字通りの「視点の転換」。男と子供達との位置関係を正しく把握したとき、その位置関係が示唆する衝撃的な真相に震えることだろう。シンプルなトリックだが、使いどころが適切で、こうかはばつぐんだ。」
2016年12月26日00時
物語部門牛削りブラックサンタ 「問題文、解説ともに短文でありながら、しっかりとしたオチのあるお話となっている。物語単体でも十分に面白いが、そのオチを参加者に推理させるウミガメのスープという形式を借りて、衝撃が倍増している。」2016年12月26日00時
トリック部門牛削りブラックサンタ 「「お願いしたものが枕元にある」という絶妙な言い回し! 「サンタクロースが枕元にプレゼントを置いてくれる」という題材を、これ以上ないくらい完璧に活用しきっている。」2016年12月26日00時
チャーム部門牛削りブラックサンタ 「目的と結果が一致しているように見えるのに、それがあっさりと否定されてしまうという問題文の構成は、「「雑誌の付録」」や「パンを食べたい」などの名作と共有するところである。この魅力は主人公の目的がしっかり説明されているから生じているのであり、単に「普通は喜ぶのに」という一般性に任せる以上の強い逆説になっている。」2016年12月25日19時
納得感部門牛削りもう、毛が! 「「アフロヘアー」と「盗撮犯」。無関係に見える二つの単語だが、ここにもうひとつ、あるキーワードを加えることで、見事な二つのあるあるが現れる。どちらも経験したことのある人は少ないだろうが、間違いなくあるあるだろうと思わせる説得力がある。先述のキーワードに関するマナーからそう難しくない類推で導けるからであろう。」2016年12月25日18時
チャーム部門牛削りもう、毛が! 「「アフロヘアー」と、「盗撮犯を捕まえること」。一見無関係な事象同士が、「ので」という因果を表す強い順接で結ばれている。「風が吹けば桶屋が儲かる」タイプの、非常によくできたお手本的問題文である。」2016年12月25日18時
物語部門牛削り次 は 逃 が さ な い 「はっきりしたオチのある面白いお話である。 結末にいたる登場人物の推理部分をうまく問題文~解説に絡ませてあるのも素晴らしい。」2016年12月25日17時
チャーム部門牛削り挿してほしいから抜いて 「相手にさせたい行動とは真逆の命令を出す女。非常にわかりやすい逆説で、一瞬で謎の虜になってしまう。」2016年12月25日17時
トリック部門牛削り不吉なプレゼント 「「視点をずらす」というトリックの基本の教科書的問題。種明かしされれば、何から何へ視点がずらされていたのかが明確に見てとれる。このダイナミックな転換をぜひご賞味あれ。」2016年12月25日17時
伏線・洗練さ部門牛削り幼い頃はマジシャンに憧れたりもした 「短い問題文で二つの謎が示されている。それらの謎は非常に綺麗に絡み合っており、解きほぐしていく満足感はとても大きい。真相がわかると、たった3行の問題文が、ある壮大な背景を示唆していたことに気付かされる。」2016年12月23日17時
チャーム部門牛削りパシりパシられ・ウミオの場合

【ネタバレ】コメントを見る

「いじめっ子がパシリからコーラを受け取り、「コーラだけかよ」と不満たらたら。問題文前半の状況は、ドラマなどでもよく見られ、想像しやすい。ところがその直後、いじめっ子がパシリにコーラを飲ませてやるという出来事が起こる。こんな場面は、どんなドラマでも見たことがない。見慣れた状況から見慣れない状況への急激な転換は、好奇心を大きくくすぐる(実際にはパシリという状況認識が間違えているため、ネタバレチェックしました)。」
2016年12月23日17時
20の扉部門牛削り私は誰? 「ラテシンのシステムをいくつも組み合わせて活用し、ラテシンユーザーの思考傾向を読み、長い期間をかけ伏線を張り巡らせてきた、大規模なトリックの集大成。このトリックはもう二度と実現できないだろう。」2016年12月23日17時
納得感部門牛削り横恋慕 「問題文には、記述すべき情報はすべて書いてあるのだ。我々が広い視野を(自分が思っているよりももっと広い視野を)持って臨みさえすれば、そこに謎はない。きっと思考が凝り固まっていない人から見れば、この問題は問題文にある情報の抜き出し問題でしかないことだろう。解説を読むとそんなことに気付かされる。」2016年12月23日17時
物語部門牛削り横恋慕 「これもひとつの純粋な恋物語。短い解説の中に、恋愛とミステリとがぎゅっと凝縮されている。」2016年12月23日17時
トリック部門牛削り横恋慕 「隠されている情報はたったひとつ。それに思い至らなければ、問題文は謎に満ち満ちているが、気付いてしまえば、前半のある一部分が浮き上がって見えてくる。情報が隠されていると書いたが、よく考えれば、それは別に隠されているわけじゃなく、普通はそこまで書かないだけのこと。読者が勝手に誤った情報で補完してしまっているだけなのだ。その微妙なズレをうまく繋げて大きな謎を生み出した技巧に脱帽。」2016年12月23日17時
納得感部門牛削り【ラテクエ71リサ】コンビにコンビニ 「問題文で述べられるのは、ある女子高生のプロフィールと、彼女の経験するある出来事。そこには無理に設定をねじ込んだような不自然さは無い。ところが解説を読むと、「運動部であること」というのが単に早弁の理由というだけに留まらず、真相の納得感を格段に上げる素晴らしい設定であったことに気付かされる。ここまで娘を思いやれる母親の気遣いは、確かに深い愛情といっていいだろう。(ラテクエであることは無視して評価しています)」2016年12月23日17時
納得感部門牛削り料理はつまみ食いがうまい 「苦手な料理をつまみ食いする理由とは? 「つまみ食い」という日常的な所作に、こんな方面からの見方があるなんて。解説を読んで思うのは、問題文を具体的に想像し、カメコの身になってみれば、自ずとつまみ食いという行動にいたるであろうこと。」2016年12月23日16時
納得感部門牛削りゴリラ「タスケテー!」 「とても簡単な問題である。「助けてと話すゴリラ」から順序だてて考えていけば、解き明かすのにそう時間はかからない。必要な情報がすべて示された状態から、自分で推理してこれしかないと思える真相に到達できるのはとても爽快。」2016年12月20日09時