。 ようこそ、ウミガメのスープ出題サイト『ラテシン』へ

終焉の扉(問題ページ

天明平蜘蛛と心中した松永秀久は茶器道楽が高じて死んだと言う事もできる。
又、あまり知られていないが、その宿敵であった信長は若かりしい頃、
勇猛な気性故に、槍と刀の虜になり収集に高じて身代を潰しかけた事がある。

そして、ここからが本題。
脈々と続く名家亀山家、その12代目当主である亀山羅手衛門の場合は、
「」「」が大好きなため今まさに身代を潰しかけお家断絶の危機にある。

いったい何が原因で?
17年10月10日 19:38
【20の扉】【批評OK】 [立派なうさぎ]



解説を見る

とこが大好きで跡取りが出来ない。。。
(「お」と「こ」)
総合点:2票  20の扉部門2票  

最初最後
ジャンル名前表示コメント日付
20の扉部門ホルス
投票一覧
「何かが大好きなところで、それがお家断絶の危機に繋がるというのは大袈裟じゃないのか、と解説が出る前までは思っていましたが、これは説得力があります。」2017年10月29日23時
20の扉部門牛削り
投票一覧

【ネタバレ】コメントを見る

「たったこれだけの真相のために、問題文に仰々しく書かれたある男の伝説。そのアンバランスな感じがなんともバカらしくて可笑しい。亀山家がお家断絶の危機にある理由を探る問題だが、確かに当主がこれを溺愛していれば家系は続かないだろう。他のどんなものより間違いなく、この答えこそが最も説得力を持つものだと確信できる。」
2017年10月11日20時

最初最後