ようこそゲストさん ログイン 新規登録 問い合わせ
戻る


【総投票数 354】
ジャンル名前表示問題コメント日付
新ジャンル部門エリム【あたたまろう】 「ぱっと見た感じではウミガメ問題? いいえ、新ジャンルです。なぜ新ジャンルなのか・・・この問題のトリックがわかった瞬間に全てが腑に落ちます。自動販売機という身近なものを用いた見事なトリックです」2015年10月24日00時
新ジャンル部門エリム【人数限定】バトルロイヤル 「ラテシンのシステムを最大限に生かし、自由な発想を求めつつもシステマティックなゲーム進行もしっかりと行われています。これを実行するプログラムを製作するのも大変そうですが、手動で進行なさったのを想像すると、ひたすら頭が下がります」2015年10月24日00時
20の扉部門エリム【秘密の扉】ラテシンへの挑戦状 「扉問題ではありますが、単なる扉ではない斬新な発想です。他ジャンルを合わせても、このトリックはなかなか見かけません、見事な発想でした」2015年10月24日00時
20の扉部門エリムギュウニクのスープ 「身近な題材を見事な扉問題に転じた1作。これで1トリックを作ると言うのが非常に素晴らしいです」2015年10月23日23時
亀夫君部門エリム捕らわれの騎士の望み 「脱出ゲームを文字化するとこうなるのか、と唸らされる作品。さらに作中の設定が見事に生かされていて、物語性も非常に豊かです」2015年10月23日23時
新ジャンル部門エリム【 垂直邪神の罠   ~ラテシン全メンバーの危機~ 】 「扉要素とパズル要素を上手く組み合わせた1作。設定が参加者に当事者意識を持たせるものなのも素晴らしいです、リアルタイムで参加したかった1作」2015年10月23日23時
亀夫君部門エリムわらわの身に何が? 「ラテシンのシステムを生かし、登場人物との対話要素をふんだんに盛り込んだ物語をお楽しみください」2015年10月23日23時
亀夫君部門エリム電気ウミガメのスープ 「ウミガメ問題を携えてやってきた未来の人物。この二重の謎が実にすばらしいです。亀夫君問題に欲しい要素である裏の解決は勿論、そこに込められた冷静ながら温かい物語と哲学性に感嘆するしかありません」2015年10月23日23時
亀夫君部門エリムお宅は誰? 「亀夫君問題の特徴である「登場人物と一緒に謎を解く」物語性も織り込みながら、トリックは非常にパズル要素が高いユニークな作品」2015年10月23日23時
亀夫君部門エリムギャングの頼みごと 「サイト初の亀夫君問題とのこと。ただの謎解きだけではなく裏の解決策まできっちりと踏まえられている良いお手本です。物語性も非常に豊かな1作。」2015年10月23日23時
斬新さ部門エリム【復讐】 「場面の状況を解明するという意味では確かにウミガメのスープですが・・・」2015年10月17日23時
チャーム部門エリム激おこぷんぷん丸なのですよーーウリャァァァ(ノ#`Д´)ノ 「この状況で問題文を作ろうとするといろいろな可能性があるのですが、あまりにも有名な2文を生かしていることで、非常に魅力ある1作になっています。」2015年10月16日00時
物語部門エリム契約破棄 「昔話にもありそうな、悪魔と知恵者との取引。背景をしっかり描きこむことで、知恵に納得するだけでなく胸に残る話となっています」2015年10月12日22時
トリック部門エリムM疑惑? 「優しさが辛い・・・その理由はあれこれ考えられますが、登場人物の関係に意外性があり、面白い結末になっています。」2015年10月12日17時
物語部門エリム【勝手にコラボ祭】折り紙付きの秘湯 「理屈だけでは成立し得ない展開。温泉と言う日本らしい場所の設定にすることで、初めてあり得るかもという感覚になり、文化的背景を含めた深い展開となっている」2015年10月12日17時
納得感部門エリム【無茶振り三題噺26】賢いキューピッド 「設定がきっちりしていて別の解決策を防ぐとともに、非常にリアリティのある展開となっています」2015年10月11日01時
伏線・洗練さ部門エリム【ラテクエ56】父の愛した 「ラテクエという同一問題文から生み出される答えの違いは面白いものがありますが、この解答は単なる場面・設定違いにしないという見事な驚きになっています。そして物語としても整っている、見事な1作です」2015年09月27日00時
トリック部門エリム【異常気象】 「これは答えを聞くとリアルにありそう。ですが問題文だけでは大混乱です、面白い」2015年09月26日20時
納得感部門エリム最初は4本・・・ 「あまりにも有名ななぞなぞを題材にしたものですが、そういう解釈もありか!と目から鱗でした」2015年09月26日02時
トリック部門エリムターミナルテイスト 「要素の切り取り方が抜群に巧い。シンプルながら謎めいた雰囲気が十分に出ており、完成度の高さはこのサイトでもトップクラスでしょう。弁当箱と言う小道具の用い方がまた巧いんですね」2015年09月25日00時