。 ようこそ、ウミガメのスープ出題サイト『ラテシン』へ ゲスト さん
 ログイン 新規登録

11人いた(問題ページ

宙船には10人分の食糧が積み込まれていたが、乗っていたのは11人。途中で食糧が足りなくなり、仕方なく、誰が死ぬかを決めるためにくじを引くことにした。
たった1人、当たりを引いてしまったのは、男が愛する女だった。泣きわめいて嫌がる彼女を、男は自らの手で殺した。

彼女を愛するがゆえに。


どういうことだろう?
15年11月11日 22:47
【ウミガメのスープ】【批評OK】 [とかげ]



解説を見る

えば、この旅はそもそもスクランブルから始まった。
10人乗りの宇宙船による、冒険旅行。必要な生活用品や食糧は宇宙船に積み込まれているし、客室やキッチン、娯楽スペース、重力装置などの設備は整っているが、旅行会社のスタッフは添乗しない。コンピュータによる自動操縦のため、パイロットすらいない。
10人の乗客達が共同生活をしながら、約1ヶ月宇宙空間を漂う、今注目のツアーだ。
有名な観光衛星をいくつも眺められるコースでありながら、人件費がかからないという理由で旅費自体は比較的安価であるため、特に若い世代に人気だった。ちょっとしたサバイバル感覚を楽しめるというのも売りにしていた。
とはいえ、やはり一番予約が殺到するのは長期間休みが取りやすい盆暮れ正月の時期で、シーズンオフのその日――11月11日に出発するのは「スペース・ウォーク11号」だけだった。

むしろこの時期によく実施可能人数まで集まったなと感心していたくらいなので、時間通り無事に打ち上げられた「スペース・ウォーク11号」のロビーで初めて顔を合わせたとき、その場にいる人数の多さに驚いた。

10人どころか、11人いたのだ。

しかし、全員のチケットに「スペース・ウォーク11号」の名と正確な日時が記されていた。第一、宇宙船への搭乗は機械で管理されている。書類を偽造しても入れるはずがないのだ。

すぐに11人はお互いを疑うことをやめ、これは旅行会社の手配ミスか、あるいは11人のために2台の宇宙船を用意する経費と手間をケチったのであろうと結論づけた。
部屋はもともと予備として1部屋余分にあったため、全員が1人部屋を使えたし、食糧や衣類などは11人で分け合えば問題なさそうだった。

事前の説明で、もし何か不測の事態――スクランブルが発生したら、非常ボタンを押すように言われていた。10人乗りのはずの宇宙船に11人乗っているのは、まさにそんな非常事態ではあったが、非常ボタンを押すことには全員が反対した。非常ボタンを押せば、「スペース・ウォーク11号」は最悪自動操縦で地球に戻ってしまう。同じ旅行をもう1度頼むには、また休みの調整をしなくてはいけなくなるし、何より集まった11人は自然とすぐに打ち解けていた。このメンバーでまた同じ旅行するのは不可能だろうから、1人多かったくらいで旅行が中止になるのは勿体なく思えたのだ。

次のスクランブルはすぐに発生した。
この事態を一応旅行会社に伝えておくべきだろうという話が出て、出発から3日後、通信機器を使ってみることになったのだが、何度通信を試みても、雑音を拾うばかりで交信ができない。備え付けの通信機器だったので、取り外して修理するわけにもいかず、この旅行を終えるまでは、外部と連絡が取れないことが確定した。

「本当に、サバイバルのようだ」
ソラ――11人は初日から、お互いにコードネームをつけて呼び合っていた――はそんなイレギュラーを聞いても、快活に笑い飛ばした。彼はよく喋り、よく笑い、よく食べた。新人ながら成績優秀な営業マンという話も頷ける。自然と人を引き付ける好青年だった。

「1人多い上に連絡も取れないなんて。こんな経験、なかなかないぞ。もちろん旅行会社にはきっちりクレームを入れるが、話のネタとしては面白い」
皮肉屋のリクも、よくそんなことを口にして、手帳に日記のようなものをつけていた。帰ったら、所属している劇団の仲間に自慢するのだそうだ。次の芝居のネタにもなると言っていた。

この段階になっても、11人は実に楽観的であった。
調理師専門学校に通うウミが手掛けた美味しい料理を食べながら、地球上のあらゆる国を旅しているクモの話に耳を傾けるのは心地よかった。宇宙しか描かないと言い張っていたダイチが、こっそり皆の顔のデッサンをしていたことに笑い、アメのつくったでたらめで陽気な唄を大声で合唱するのも楽しかった。この11人で過ごす毎日があまりに充実していて、1人多いなんてことも、通信機器が使えないことも、些末なことに思えたのだ。

3つ目のスクランブルに気付いたのは、博識なカゼだった。彼は宇宙航空学を学んでいる大学院生だそうで、毎日熱心に観測をしていた。観測の結果、当初の予定とは宇宙船の軌道がずれていると気付いたのだ。
それを聞いた宇宙船オタクのタイヨウは、早速自動操縦になっているコックピットを調べてくれた。通信機器の不調の影響で微調整が効かず、軌道がずれたようだということだった。

ここに来てようやく、皆は不安を感じ始めた。皆の前では「なんとかなるって!」と言っていたナミですら、時折ふっと表情が暗くなったし、一人でトレーニングルームにこもることが増えた。
毎日お互いの好きな本について語り合っていたユキも、徐々に元気がなくなってきた。日本文学が好きなユキと、SFをこよなく愛する僕は、初日に竹取物語が最古のSFであることについての話題で盛り上がり、意気投合していた。けれど二人とも、このSF的展開を純粋に楽しむことはできそうになかった。

カゼとタイヨウのおかげで、この宇宙船は予定通りの観光はおろか、残念ながら地球に戻ることすらできないことが判明するのに時間はかからなかった。
さすがにもう、非常ボタンを押すことにためらいはなかった。この時点で既に半月ほど経っていた。11人はもう十年来の付き合いがある友人のような仲になっていた。地球に戻っても絶対に連絡を取り合おう、またこのメンバーで予定を合わせて再会しよう、と約束を交わし、全員でコックピット内の非常ボタンの前に集まった。
代表して、ソラがボタンを押す。
チカチカと非常灯が点滅し、非常ボタンの上に据えられたディスプレイには、「非常事態発生」という文字が現れる。その下に次々と、プログラム名らしき英数字が踊った。読み取れるのは「ERROR」という嫌な言葉だけだ。

しばらく英数字と「ERROR」を交互に表示し続けたのち、ようやく現れた日本語は、「非常事態応急対応11」だった。

「11? 11ってなんだ。その前の1から10は何だったんだ?」
アメが首をひねる。
「事前にデータで送られてたよ。ええと……1が地球本部への連絡、2が自動操縦による地球帰還……あれ、おかしいな。10までしか載ってない」
タブレットでデータを確認しながら、クモも困惑した表情を浮かべた。
「ねえ、これは……」
控え目に、一番奥で静かに見守っていたユキが声を上げる。ユキが指差すのは、それまでただの壁だった場所――どうも非常ボタンに呼応して自動的に扉のように開き、収納スペースが現れたのだ。
「瓶が……10本。何が入っているの?」
興味深そうに手を伸ばしたナミは、しかしすぐにさっと顔色を変えた。落としそうになったところをリクが慌ててキャッチし、そしてアメも瓶のラベルを見て目を見開く。
「……毒だ」
その言葉自身が毒であったかのように、しんと静まり返った。
それまでタブレットを見ていたクモが、静寂を無理やり引き裂いて、苦しげに告げる。
「非常事態の対応として、書かれているのは10個だけだ。その中には、手動運転で地球に戻ることや、近くの星に不時着することも含まれている。……その10個が、全部ダメだったんだろう。11番目はおそらく、本当の最終手段だ。表向きには載せられないような。だから、その……」
「つまり、苦しまないうちに死ねと」
ダイチが言いにくい部分を引き継いだ。

「スペース・ウォーク11号」が、ただの棺となった瞬間だった。


それからは、正直なところ、記憶が薄い。
すごいことが起こってしまったと、頭ではわかっているつもりなのだが、不思議と現実味はなかった。11人は暗黙のうちに、なるべくそれまでと同じように過ごしていた。何か手立てはないかと船内の設備や道具を探す人もいたが、大した収穫は得られなかった。ウミは意識して食糧を節約してくれたが、それでも食糧庫の中は日に日に寂しくなっていった。

僕はなるべくユキと共に過ごすようにしていた。宇宙でお気に入りのSF小説を読むことが夢だったが、それはもう叶った。平凡で何の取り柄もない僕には、他に思い残すことと言えばユキのことしかなかった。

非常ボタンを押してから更に1ヶ月が経ち、ソラから全員集まって欲しいという呼びかけがあったとき、全員がその意図を理解していた。

「本当に楽しい旅だった。こんなに楽しい経験は人生で初めてだった。皆もそうであることを願う。……率直に言おう、食糧がもう足りない」
ソラはいつものように笑顔で、そう言った。
「燃料と酸素も、残り僅かだ」
タイヨウが付け加えた。最後まで、何か方法はないかと探してくれていた彼だったが、今は実にあっけらかんとした表情をして続ける。
「食糧がなくて飢えるか、燃料が足りなくなって墜落するか、あるいは呼吸ができなくなるか……何が先にやってくるかはわからないけれど、でも俺達は確実に、死ぬ」
そして例のごとく、ダイチが一番言いにくい部分をこともなげに言い放った。
「苦しまずに死ぬなら、毒を飲むしかない。毒は、10人分だ」

毒の瓶は10本だった。僕たちは11人いた。

もしかしたら10本を11人で等分すれば、致死量に足りるかもしれない。しかしそれでは最悪、11人全員が苦しみながらも死ねない状態になるかもしれない。
もはや死ぬことは仕方ないとは言え、自分1人が孤独の中苦しみながら死ぬことを進んで請け負う者はいなかった。

「俺は、くじ引きを提案したい。本当は誰にも苦しんで欲しくないし、俺だって苦しみたくないけれど、仕方ない。誰が毒を飲んで死ぬか、決めよう」

リクの発案が残酷なことは承知で、しかし誰も反対しなかった。その展開を読んでいたのか、ウミは食糧庫からチューブ型のスープを持ってきた。それが最後のメニューらしい。毒を入れやすく、そして見分けがつかない。

毒の入った10杯のスープと、たった1杯の普通のスープ。

全員が1杯ずつ受け取り、いつものように「おやすみ」と挨拶をして、スープを手にそれぞれの部屋へ帰って行った。それが永遠の別れであることをあえて誰も口に出さず、しかし互いに固い握手を交わして、11人は別れた。


僕が次の日に目を覚ましたとき、聞こえてきたのは泣き叫ぶ声だけだった。いつもの明るい騒がしさはない。嫌だ、嫌だという悲痛な叫びがただ響く。

泣き声はドアの前からするらしかった。声は、ユキのものだ。時計は日本時間で午前11時。毒を飲んでいれば、既に死んでいるはずの時間。

彼女は、死ななかった。

当たりを引いたのだ。

鍵を開けてドアをスライドさせると、泣きわめいていた声がやみ、しゃがみこんだユキの姿が現れた。
「え……?」
呆気にとられたような表情を浮かべるユキから、聞かれる前に、答える。
「飲んでいなかったんだ」
スープのチューブを見せて、思わず涙も止まったユキに差し出した。
「君が飲め」
彼女は答えない。状況が理解できていないのか、口を開けてただ僕を見上げる。
「君が飲め。君の分が毒薬でなかったのだから、僕のこれは毒薬に間違いない。これで確実に死ねる」
「でも、でもそれだとあなたが」
「僕はいいんだ」
決めていた。もし、万が一ユキが当たりを引いてしまったら――
「まさか、最初から――」
止まっていた涙が、また湧きあがるようにポロポロと彼女の双眸からこぼれ落ちる。
僕は大馬鹿者だと思う。決意が揺らがないように、僕は彼女へきちんと理由を告げる。

「――愛しているから」

弱々しく抵抗する彼女を押さえつけ、その口にチューブを差し込んだ。泣きながら、彼女は少しずつ最後のスープを飲んだ。
飲み終わった後も、僕達2人は一緒にくだらない話をした。地球での生活のこと、他の9人の仲間のこと、それから、2人に待ち受けていたかもしれない未来について。
涙は止まらなかったが、時折見せるユキの笑顔は、相変わらず控え目で大人しくて、けれどこの世で一番愛くるしかった。

4時間経ったところで、彼女の呂律が怪しくなってきた。意識も朦朧としてきたようだ。それでも懸命に抗って、最後まで僕に話しかけようとしてくれていた。

「ありがとう、ツキ」

その言葉が、彼女の最後の言葉になった。

宇宙船は静かになった。
ここには11人いた。にぎやかだった。

ここから先は、死にたくても死ねない、辛い時間がただ流れるのだ。餓死か墜落死か窒息死か……わからないけれど、絶対に楽には死ねないということしか確実ではないこの状況で、僕はたった1人になってしまった。ユキの動かなくなった身体は、ベッドに横たえておいた。他の9人の姿も確認した。皆、穏やかな表情を浮かべて、眠るように死んでいた。

心の底から、良かったと思う。
こんな孤独、彼女に与えてしまわなくて、本当に良かったと。

静まり返った「スペース・ウォーク11号」が、10人の死体と1人の生き残りを乗せて、宇宙を行く。

ここには、11人いた。
11人、いたんだ。

END

助かる見込みのない状況で、むごい死に方よりも毒を飲んで死ぬことを決意したが、その毒が1人分足りない。くじで生き残ることが決まってしまった女のために、男は自分の毒を彼女に飲ませて殺した。彼女を愛するがゆえに。
総合点:20票  チャーム:2票  納得感:1票  トリック:5票  伏線・洗練さ:2票  物語:10票  

最初最後
ジャンル名前表示コメント日付
チャーム部門牛削り
投票一覧
「愛と死。それは古今東西、あらゆる創作において、その魅力を一気に引き上げるために使われてきた増強剤。それゆえ、安易な使用は読者を白けさせてしまうことにもなるだろう。本作においては、愛と死の両方が、これ以上ないほどストレートに結び付けられ、問われている。何故、男は愛ゆえに女を殺すのか。面白い、そこにどんな物語を紡げるのか、見届けてやろうではないか。」2016年03月18日20時
チャーム部門春雨
投票一覧
「謎!解かずにはいられないッ! 文章の組み方もさることながらやっぱりタイトルも素敵」2015年12月28日21時
納得感部門tsuna
投票一覧
「この殺意に納得できます」2016年02月27日08時
トリック部門az
投票一覧
「圧巻の物語もさることながら、この問題の肝はやはりトリックでしょう。使われているのはシンプルな逆転のトリックですが、それが物語とバッチリ噛み合っています。トリックと物語の相乗効果が、全体の完成度をとてつもなく跳ね上げています。」2017年03月19日15時
トリック部門牛削り
投票一覧
「この美しい物語をウミガメのスープとして結実させるには、このトリックをおいて他にないだろう。解説に長い物語が組み込まれている場合にありがちな、単にベールをかけただけではない問題文。そこには非常にオーソドックスな、先入観を鋭く突いた発想の逆転的トリックが仕込まれていた。そしてこのトリックがあるからこそ、物語の叙情性がより生きてくるのだと思う。」2016年03月18日20時
トリック部門tsuna
投票一覧
「トリックが確りしているからこそ衝撃的です」2016年02月27日09時
トリック部門アアア
投票一覧
「見事なトリックです。キレイに騙されました。物語もすばらしいですが、要約の解説だけでも充分納得ができます。」2015年12月11日12時
トリック部門なさ
投票一覧
「物語としての完成度ももちろんだが、それよりも叙述トリックに注目したい。このトリックがあるからこそ解説の物語を読んだ時の感動が倍加されると言える。ウミガメのスープとして理想的な問題だ。」2015年12月11日12時
伏線・洗練さ部門低空飛行便
投票一覧
「トリックと物語の結末を支えるために設定された各種背景事情(登場人物の行為であったり宇宙船の設定であったり)に自然な説得力があります。これらを緻密に積み重ねることで水平思考問題としての解きごたえと、物語としての読みごたえが生まれています。」2017年06月12日21時
伏線・洗練さ部門しおまる
投票一覧
「問題文、解説共に、とれも洗練されている作品です」2016年11月07日04時
物語部門SoMR
投票一覧
「解説でオセロが一気に裏返るような感覚を覚えるトリックも、それが生む物語性も、どちらも一級品。>>雑談欄 なるほど、確かに。多分、藤子不二雄が生きていたらこの問題をとても面白がってくれそうですね。」2017年03月27日23時
物語部門しおまる
投票一覧
「思い出しては、何度も読みたくなるお話です」2016年11月07日04時
物語部門蓮華
投票一覧
「「当たりを引いたために殺された」「愛するがゆえに、殺された」この二つをうまく結び付けています。チャーム・トリック要素を高水準で含みつつ、とかげさんの「読ませる」解説の構成もお見事です。ラテシンの物語部門の代表作の一つに強く推薦できます。」2016年06月02日20時
物語部門tsuna
投票一覧
「解説が普通にショートショートです」2016年02月27日09時
物語部門
投票一覧
「一つの小説を読んでいるようでした。そして、私にマネができるか、考えさせられました。自分の中の正義が必ずしも正しいわけではないのだと思いました。トリックも素晴らしかったです。」2016年01月15日07時
物語部門からてちょっぷ
投票一覧
「愛するが故に殺すとは?そこには重厚な物語がありました。水平思考も欠けることなき良問だと思います。」2015年12月28日23時
物語部門春雨
投票一覧
「「男と女」の物語は勿論なのですが、散りばめられた残りの9人の物語も素晴らしい。だからこそタイトルがより効果的に、より印象的に使われています」2015年12月28日21時
物語部門牛削り
投票一覧
「解説の物語は、読む者に否応無く考えさせる。"その時、自分なら愛する人を殺せるか"。愛する者を思い浮かべてこの問いに答えれば、自ずと涙が溢れてくる。」2015年11月15日22時
物語部門エリム
投票一覧
「救いがない状況は真実が明らかになっても同じ。しかし、背景を紐解くことによって、その出来事に深みが増すという好例です。最後にタイトルの意味が静かに胸に刺さります。」2015年11月12日00時
物語部門手弁当
投票一覧
「仮に解説が淡々としたものであったとしても、この問題が良問であることは決着までの流れを見ていただければわかる。だがそれに加えて徹底的に泣かせに来ているようなこの物語。短編小説を元ネタにした出題、と言われてもたやすく信じてしまえるだろう。参加できなかったことが返す返すも残念。」2015年11月11日23時

最初最後