ようこそゲストさん ログイン 新規登録 問い合わせ
戻る


【総投票数 366】
ジャンル名前表示問題コメント日付
物語部門エリム『For you』 「問題文から『A君は小説の内容が嘘だと思っている』ことはうかがえるのですが、なぜ知らない内容を嘘と断言できるのか? その理由の丁寧な組み立てと、第三者視点ならではの踏み込み過ぎない優しい展開が、良い味わいとなっています」2016年09月05日23時
物語部門エリム愛Phone 「シンプルな問題文で、展開もベタと言えばベタなんですが、解説の繊細な心理描写はありがちさを感じさせません。解説の文章の美しさにより、『私』が出来る唯一無二の行動をシンプルに切り取った問題文との対比で、さらに物語に味わいが増します」2016年09月05日23時
トリック部門エリム漢字は体に悪い 「『羅手崎 亀雄(56)』、ありがちな暫定ネーム『カメオ』ではなく、この具体的な設定がチャームとしても素晴らしいんですが、ベールでありクルーになっています。この字面、だからこそ」2016年09月05日23時
トリック部門エリム台風一家 「この状況を「屋根」と「台風」という要素に集約したのが素晴らしいです。」2016年09月05日23時
物語部門エリム殉教者

【ネタバレ】コメントを見る

「投票していたつもりがしていなかった1問。大切なひとのために、拠り所すら捨てる深い愛に心を動かされます。」
2016年09月05日23時
納得感部門エリム親の心子知らず 「現在の犯罪と過去の犯罪、それが成立するだけの説得力がこの解説にはあります」2016年08月13日22時
伏線・洗練さ部門エリム【小さな器の無いレストラン】 「問題そのものが、というよりも登場人物の対応が洗練されているの一言です。手弁当さんのご指摘通り、のりっこ。さんの問題の中では緩い雰囲気なのですが、この問題が絶妙に好みの味だと感じる方は私の他にもいらっしゃると思います」2016年08月11日16時
物語部門エリム少女と男の出会い

【ネタバレ】コメントを見る

「『優しさ』と『騙す』という対極のイメージの言葉が紡ぎ出した物語は、やはり優しさで出来ていました」
2016年08月10日01時
斬新さ部門エリムはじめてのおふかい! 「これは酷いwww って感じの答えなのですが、こういう発想も水平思考だと思います」2016年08月10日01時
トリック部門エリム聞かなくて宜しい?

【ネタバレ】コメントを見る

「別解が出た段階で締めてしまわれたのが勿体ない完成度です。まあ、現実的に考えるといろいろと問題はあるのですが・・・(公平性を考えるとね・・・)。なので、物語部門ではなくこちらに。「窓の外」のイメージによる先入観を絶妙に使われている1問です」
2016年08月07日23時
20の扉部門エリムウソツキミステリートレイン 「論理学を水平思考に用いる、こういう手段があるのだなと感心しました」2016年08月05日01時
物語部門エリム鍋パーティでもしましょうか?三次会「リニューアル」 「適当に繋げた言葉による問題文から、こんな味のある物語が出来るとは・・・。特に「新しい」の解釈の仕方が絶妙です」2016年08月05日00時
伏線・洗練さ部門エリムトイレのオフダ 「さらりとした問題文の向こうに、登場人物に関する緻密な設定がなされています。それを踏まえてもなお、主人公の意図に辿り着くまでには二重三重の関門が待っています。そこから導き出される最終的な答えに、緻密に練り上げられた主人公の思考そのものが問題の持ち味になっていたと気付かされるのです」2016年08月03日22時
物語部門エリムモヴィエ

【ネタバレ】コメントを見る

「つまらないと言うにも理由が必要。これだけでもスマートな話なのですが、初々しいデートなのかと思いきや、実は・・・とってもほんわかしたお話です」
2016年08月02日22時
トリック部門エリム【何故田宮は自分のスープを差し出さなかったのだろうか?】

【ネタバレ】コメントを見る

「トリック自体は、のりっこ。さん御自身が別系統の問題で使われたものと同質。これをウミガメ問題に持ってくるとこうなるか!と感心させられます。ジャンルにより演出が変わるわけですね。」
2016年08月01日23時
亀夫君部門エリム進むべき道を切り開く! 「亀夫君問題の多くは、登場人物の性別や年齢、性格が問題文段階で判明しています。この問題の面白さは、個人情報を一切伏せ抽象的な設定を示すことで、格段にベールを厚くしています。一方、操作する人物を2人、さらに回答者が関与できない人物を用意することで、感情移入のしにくさによって減ってしまったチャームを、ゲーム性によってカバーしています。問題の作り方としてユニークな1問。」2016年08月01日23時
チャーム部門エリム地平線の彼方に 「光るタイトルのセンスと、数値の入った具体的な場面提示で壮大さ、あり得なさがくっきりと浮かび上がり、シンプルなのに一気に引き込まれる1問です」2016年07月28日01時
斬新さ部門エリム【ラテクエ66遅刻】マンマミーア 「ラテクエ問題はいろいろな解釈に基づいた解説が楽しいのですが、これはもう本当にその発想はなかったの一言。あの言葉をこう使うとは・・・!」2016年07月26日22時
伏線・洗練さ部門エリム点滅 「なかなか奇跡的な状況ではあるのですが、論理的にちゃんと成立します。まず、この状況を考え付いたのがものすごい水平思考だと思います」2016年07月23日23時
物語部門エリムまた会おう、そのときは・・・ 「世の中そんなに甘くない、のだけれども、世の中そんなに悪くない、とも思える1編です。ラストシーンは、いわゆる『どちらとも取れる』描き方だと思います。どちらにしても、主人公達に幸あれ」2016年07月23日23時