動画内など、他所でラテシンの問題を扱う(転載など)際について
ウミガメのスープ 本家『ラテシン』 
いらっしゃいませ。ゲスト様 ログイン 新規登録

みんなのGood

」輝くそれは「「1Good」
 #b#暗く#/b#なってきたので、カメオに電気を消してもらった
 


なんで?
16年01月12日 02:26
【ウミガメのスープ】 [すのーほわいと]



解説を見る
 
「寿命っぽいから電球交換するよ。電気消してくれる?」

「おk」
【彼女は何故……】「1Good」
彼女は死んだ。何故?


※この問題は#red#シトウ#/red#さんとの1on1となります。

他の方の質問は禁止とさせていただきますので、ご了承下さい

ですが、雑談チャットでの応援は大歓迎でございます。

どうぞ応援よろしくお願いいたします



それでは、1on1、スタートです
16年01月03日 21:00
【新・形式】 [かもめの水平さん]

【She Why?】




解説を見る
※本作品は完全なるフィクションです。

実在のユーザー・団体・サイト

#red#そもそも実在しない#/red#かもめの水平の彼女

は一切関係ありません



SP(Special・Performer&Soup・Partner)

#red#シトウ様#/red#【出演ならびに、打ち合わせ時のアドバイス・解説文の推敲。更になんと挿絵まで頂きました!感謝してもしきれません。

誠にありがとうございました!】

and #red#you#/red#
【この問題に#red#『観戦者』として出演し、#/red#更には謎を解き明かして頂けた皆様へ……】

#red#Thanks.for thinking#/red#【She Why】



#red#Good bye#/red#

「カメオくん、そろそろ昼にしませんか?」
ウミオくんの声を聞いて、ふと時計を見るとちょうどいい時間だった。
「いいですね、場所はいつもの”ラテシン”で?」
出てすぐの場所にあるレストラン”ラテシン”は、日替わりのメニューが多くて飽きがこないので、僕たちは足繁く通っている。
彼は少し考えるそぶりを見せた後、にっこりと頷いたので、店へ向かった。

常連の僕たちがテーブルに座ったのを見た店員は、いつも通り日替わりメニューについて説明をしてくれた。
「じゃあぼくはチキンカレーにしようかな」
ウミオくんはいつも即決だ。僕は少し悩んで、昨日の夜少し飲みすぎて胃もたれもするので、一番軽そうなものを選んだ。
「ウミガメのスープを一つ、あと水を」

注文したものは同時にやってきた。
手を合わせて、一口スープを口に運んだところで、僕は自分の犯した過ちに気がついた。
顔を上げると、ウミオくんがニヤリと笑っていたので、僕はもうどうすることもできないと悟った。

僕の犯した過ちとは一体何であろうか?
15年11月27日 00:07
【ウミガメのスープ】 [letitia]



解説を見る
二人は朝からずっと「5・7・5」で喋るゲームをしていたのだ。
ウミオが店を決める際に少し考えたのは、5・7・5に当てはめて提案できる店が他にないかどうかだった。
カメオが水を頼んだのも、5・7・5にするためだ。二人は常連なので何も言わなくとも店員は飲み物をオーダーしなければ水を持ってきてくれる。
二人は慎重に会話していたが、料理がテーブルに運ばれた時、カメオの口から会話ではない、ただの習慣の一言が飛び出した。「いただきます」である。
スープを一口食べてから失敗に気がつき、今からでも後に言葉を付け足して無理やり5・7・5っぽく誤魔化そうかと思ったが、ウミオの表情を見て、カメオはごまかしがきかないことを悟ったのだ。

おそらく、昼代はカメオのおごりになるであろう。

要約【二人は5・7・5で会話する遊びをしていて、カメオはいただきます、と言ってしまった。】
貰って嫌な品物「1Good」

の元へ二つの品物が届いた

一つは大量のカミソリ
私は無言でゴミ箱に捨てた

一つは何かが塗ってある林檎
私は((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル状態になった

何故?

【参加テーマ・貰ったら怖いし品物】
15年11月13日 06:40
【ウミガメのスープ】 [アザゼル]



解説を見る

日も届いた嫌がらせの品々

どーでもいーや。私は郵便受けから(手袋をして)カミソリと林檎を取り出した

カミソリを捨て林檎も………え?この郵便受けはドアの中に有るのにどうやって入り口(新聞が通る程度の幅)から入ったの………まさか!

トイレのドアが音もなく開き果物ナイフを持った男が………
恋に朽ちなむ「1Good」
ボクシング部のゴウキ先輩と両想いであることを知ったモエは、それゆえ急に、
明日の試合でゴウキ先輩が負けてしまうのではないかと不安になった。
どういうことだろう?
15年08月20日 00:36
【ウミガメのスープ】 [牛削り]

瞬殺されたって自信作なんです。




解説を見る
ボクシング部のゴウキ先輩に憧れていたモエ。
大事な試合を翌日に控えた先輩に、手作りの#red#御守り#/red#を渡した。

「先輩、明日、頑張ってくださいね」
「ん、おう、サンキュな!」
ゴウキ先輩は御守りを受け取り、そのまま道場へ走って行った。
一世一代の勇気をふり絞ったモエ、ちょっとだけ先輩の手に触れてしまった小指が、いつまでも熱かった。

#red#御守りには小さな紙に書いたメッセージを入れてある。#/red#
尊敬する気持ち、幸運を祈る気持ち、そして#red#大好きだという気持ち#/red#……。
先輩がそれを身につけて頑張ってくれたら、どんなに幸せだろう。

その晩、ゴウキ先輩から電話がかかってきた。
以前に事務的なことで関わって連絡先だけは知っていたのだが、電話で話すのは初めてだった。

「は、はい、モエです」
「あ、えと、ゴウキです。ボクシング部の」
先輩が普段と違って少しおどおどしているのに気がついた。

「あのさ、モエ、さん。俺#red#も#/red#、その、モエさんのこと、実は少し、気になってたんだ」
「え……」
「それで、もしよかったらだけど、今度映画でも行きませんか?」

心臓が飛び出すんじゃないかと思った。
モエはしばらく、息をするのを忘れた。

「もしもし? モエさん?」
「あ、はい。もちろん、喜んで!」

しかし、とモエは思う。
こういう電話を掛けてくるということは、#red#ゴウキ先輩は御守りを開けてしまった#/red#ということである。
#red#御守りを開けるとバチが当たる#/red#と聞く。

明日の試合、大丈夫かなあと心配になるモエであった。


#big5#【要約解説】#/big5#
#b#明日の試合で勝てるよう、手作りの御守りをプレゼントしたモエ。#/b#
#b#中には愛のメッセージを入れておいたのだが、ゴウキ先輩はそれを試合前に開けて見てしまった。#/b#
#b#御守りは開けてしまうとバチが当たるとよく言うので、モエは不安になった。#/b#