動画内など、他所でラテシンの問題を扱う(転載など)際について
ウミガメのスープ 本家『ラテシン』 
いらっしゃいませ。ゲスト様 ログイン 新規登録

みんなのGood

お宅は誰?「1Good」
お、ちょうどよかった、みんないるみたいだね。
水平思考研究サークルのみんなに、ちょっと相談したいことがあるんだ。
聞いてくれる?

あ、はじめましての人もいるみたいだね……。
簡単に自己紹介しておくね。

僕は亀井ユウヤ、B級グルメ研究会の代表をやってるんだ。
特技は目玉焼きを作ること。趣味はそれを食べること。
飼っているロバの名前は……って、そんなこと関係ないか。

相談っていうのはね、忘れ物の持ち主を当ててほしいんだ。
忘れ物は、コレ。#b#USBメモリ#/b#。

こないだサークルの部室のパソコンに刺さったままになっていたのを、僕が間違えて持って帰っちゃったんだ。
それに気づかず中身を見たら、変な画像ファイルが盛りだくさん。
#b#萌えアニメの画像コレクション#/b#らしくて、丁寧にフォルダ分けされて1万枚以上入ってたんだ。
僕の知る限り、B研……あ、B級グルメ研究会の略ね、には、アニメオタクを公言してるやつはいない。
もしこのUSBの持ち主が、僕に中身を見られたと知ってしまったら……。
直接返すことなんてできないから、持ち主を特定して、こっそり持ち物の中に滑り込ませるしかない。
でも、どこにも名前なんか書いてない。

でね、僕はまず、とても頭が切れるけど性格が悪いことで有名な、牛削り先輩に相談したんだ。
すると牛削り先輩は、画像の入ったフォルダの中で#b#1個だけ浮いていたワードファイル#/b#に注目した。
それは#b#レポートの参考文献#/b#みたいだった(画像参照)。

#b#「持ち主を特定する手がかりがあるとしたら、この参考文献のファイルだね」#/b#

と彼は言った。

で、しばらくメールチェックしながら考え込んでいたかと思うと、突然、
「わかった」
と呟いたんだ。
でも、いくら尋ねても誰なのか教えてくれなかった。

「こんなこともわからないようじゃ、今年も留年は確定だな」
と鼻で笑って、彼はその場を立ち去ったんだ。

悔しいから一生懸命考えたんだけど、どうしてもわからない。
だからみんな、知恵を貸してよ!

そうそう忘れてた。B研のメンバーは僕を除けば↓の3人。

 #b#田中ユズル#/b#
 #b#佐藤タクト#/b#
 #b#高橋ヒロシ#/b#

情報が足りないようなら、何でも質問してね!
14年08月25日 20:47
【亀夫君問題】 [牛削り]

良質問とヒントを読んでいけば、臨場感をお楽しみいただけると思います。




解説を見る
みんな、ありがとう! 助かったよ!!


【以下、牛削り先輩によるありがたい解説】

参考文献には2つの誤植がある。
「平塚らいてうy」と「徹廃条約」だ。
前者より、ファイルの作成者はコピペなどでなく手打ちで入力したことが推測される。
そして後者より、
「撤廃」と正しく打つことができなかった=「t」「e」「p」「a」「i」のどれかのキーが壊れている
ということが推理できる。
「徹廃」と誤って入力するためには、「てつや」「はいし」などと打って変換してからいらない部分を削除するしかない。
すると、候補のうち残るのは、「p」である。

つまり、ファイルの作成者は#red#「p」キーの壊れたパソコン#/red#で作業していたことになる。

憶測に過ぎないと思われるかも知れないが、後に述べる証拠により、私はこれを確信した。


ところで、明らかに別の用途で用いているUSBメモリの中に参考文献のファイルだけが存在する、というのはどういうときか。
wikipediaなどからの引用でレポートを済ませ、参考文献のみを充実させようとする輩は多い。
適当な書籍を物色しようと図書館に行ったが、本文のデータの入ったUSBメモリを忘れてしまい、とりあえずリストだけ作って手持ちのUSBメモリに一時的に保存した。
まあ、そんなところだろう。リストの本が一冊も貸し出されていなかった点からも明白だ。

さてそこで、友人が図書館で私宛に送ったメールに、こんな文があった。

#red#「未納のレオが終わらない」#/red#

一見意味不明だが、「p」の壊れたパソコンで打ったものだと考えてみよう。
適当な部分に「p」を挿入すれば、

#red#「民法のレポが終わらない」#/red#

となる。
つまり、「p」の壊れたパソコンは確かに存在するのである。それも図書館に。


そして、図書館のパソコンを使うにはログインIDが必要だ。
ログインIDは以下の構成となっている。

#red#「学部の英語表記の最初の3文字」+「生徒番号」#/red#

B研諸君の学部は、

 #red#田中ユズル → 政治学部#/red#
 #red#佐藤タクト → 文学部#/red#
 #red#高橋ヒロシ → 心理学部#/red#

それぞれの学部を英語表記した頭の三文字は、#red#「pol」「lit」「psy」#/red#となり、
「p」キーを使わずにログインできるのはただ一人。

そう、オタクは、#red#「佐藤タクト」#/red#お前だ!!!
クラスメイトの献身「1Good」
かもめ第三高校の同じクラスで勉強している勝男と若芽。

勝男は鞄の中身は常に空っぽ。机の中に勉強道具を全て置き勉している不真面目くん。
若芽は逆に机は使わず、授業の度に鞄から勉強道具を取り出し、キチンと家に持ち帰る真面目ちゃん。

ある日の一コマ目の授業は国語。勝男はアクビをしながら教科書とノートを広げる。
二コマ目で飽きた勝男はそのまま居眠りをした。

それを見た若芽は勝男に後で見せてあげるために、続きをノートに書いた。

その後も同じようなことが続き、勝男の居眠りの回数は減っていったが、そのせいで寝不足になってしまった。

そしてその寝不足を解消する為に勝男は夜の学校に忍び込んだ。

一体何故だろう?



【問題文のチェック:ディダムズさん】【挿絵:???】
13年05月06日 21:31
【ウミガメのスープ】 [水上]

90問目です。初めて挿絵をいれてみました。




解説を見る
かもめ第三高校に通う勝男は不真面目な男子生徒。

その日も一番最初の国語の授業も適当に聞き流し、ノートにペラペラ漫画を作成しようと隅っこの方に絵を描いていたが、たった2コマ目で飽きて、そのまま居眠りをした。

放課後まで眠り続けた彼は、大きなアクビを一つした後、机の中身はほったらかし。空っぽのカバンで家路についた。


その夜…


若芽はかもめ第三高校の夜間学校に通っている。

彼女と同じ席の高校生は置き勉をしているので机の中はパンパン。

いつもと同じように鞄から直接勉強道具を取り出した。

ふとその机からはみ出しているノートが気になり、中身を盗み見た。

ほとんど白紙だったが、隅っこの方に棒人間が描かれている。
しかも2ページだけ。多分パラパラ漫画を作成しようとしていて途中で飽きてしまったのだろう。

ふとイタズラ心が湧いて、彼女は適当にそのパラパラ漫画の続きを書き込み、ついでにノートの上にできていたヨダレのシミを赤ペンで丸く囲み、

「居眠りはダメだぞ」

と書き込んで、ノートを机の中にしまった。


翌日…


いつも通り机から教科書とノートを取り出し、一応開いてから居眠りをしようと思った勝男は昨日描いたパラパラ漫画に続きができていることに気づいた。

そして「居眠りはダメだぞ」のコメント。

彼はこの高校は夜、定時制の学校として使用されていることを知っていたので、犯人は夜の同席さんの仕業だろうと推測し、可愛らしい筆跡から女の人であることを判断した。

そして付け足されたパラパラ漫画にさらに続きを描いて反応を見てみることにした。


その夜…


若芽は昨日のノートのラクガキにどんな反応が返ってくるか凄く気になっていた。
自分の席に座ると早速件のノートを引っ張り出す。

するとパラパラ漫画に続きが付け足されていた。

最初は恋人に出会って手を繋いで歩き出すというストーリーだったものが、いきなりドラゴンが現れ、二人を引き離し、主人公がドラゴンに立ち向かうアクションに変わっていた。

彼女はそれを見て思わずニヤニヤしてしまい、クラスメイトに変な目で見られてしまった。

彼女は咳払いを一つした後、顔を引き締め、そしてまたノートにパラパラ漫画の続きを描き込んだ。

こうして二人の奇妙な文通(?)がスタートしたのだった。


この影響で勝男は授業中、パラパラ漫画制作に励み、居眠りすることが減っていった。

(彼女は一体どんな顔をしているんだろ?カトパン似?まさかの女の子っぽい字を書くオッサンだったりして…)

三冊目のノートが残り数ページになった時、彼女のことが気になって気になって夜も眠れなくなっていた。

その日、勝男は決心した。

「今、会いに行きます!」

決行は夜の7時。勝男ははやる気持ちを抑え、夜の学校に忍び込んだ。



若芽はいつも通り、授業が始まる30分前に登校し、パラパラ漫画を書いている。

物語の中の男女は長い旅を経て、二人で協力して、ドラゴンは遂に倒された。

そして三冊目の最後のページ。

最後の最後にパラパラ漫画の中の女は初めてセリフを喋った。


「今度の日曜日に会いませんか?」
可愛いむすめ「1Good」
カメコの趣味はサッカーに釣りに昆虫採集などアウトドアばかりだったので

父はカメコにもう少し女の子らしいことをしてほしいと思っていたら

ある日カメコはお洒落に目覚めて可愛らしい服を好むようになった。

しかし父は悲しみカメコにやめるように言った。

一体なぜ?
15年07月10日 21:07
【ウミガメのスープ】 [天童 魔子]



解説を見る
カメコの趣味は

好きになった男性と#red#同じ趣味#/red#を持とうとしているからなのです。
とある場所に、タバコ屋とタイ焼き屋が軒を連ねていた。
また、店の前では、定期的にとある福祉団体が募金を行っていた。

これらの店が面している道路の車通り・人通りが2割ほど増えたところ、
店の売上や募金額が落ちてしまったという。

いったいどういうことか。
15年08月02日 20:50
【ウミガメのスープ】 [ゴトーレーベル]

5問目は初めての正統派ウミガメ?




解説を見る
交通量が増えたのは、#b#問題の店のすぐ横にある「開かずの踏切」が撤去されたからである。#/b#

撤去前は、踏切で10分15分と待たされている間、いやおうなく店や募金の前で立ち止まらされていた。
その結果、

#b#タバコ屋→「あ、そういえばそろそろ切れるんだったな」#/b#
#b#タイ焼き屋→「いい匂いさせてんな。お土産に買ってくか」#/b#
#b#募金→「横でそんなにお願いされてちゃ無視できないよ!」#/b#

と、それぞれの理由で売れたり募金されたりすることが相当数あったのだ。

踏切がなくなり、横をすいすいと歩けるようになると、
気付かれもせず、気にもされないことが多くなり、売上が落ちたのである。
Her birthday is...「1Good」
彼女がいつ産まれたのか知らないために、男は誕生日のプレゼントを贈った。
どういうことか?
15年07月11日 19:29
【ウミガメのスープ】 [芳香]



解説を見る
「きみは、いつ産まれたんだい?」

「わかんない。誰も教えてくれなかったから」

 孤児であった少女は、そう答えるとそっと目を伏せた。少女の家族になった男は、すこし考えてからやさしく笑った。

「じゃあきみに、誕生日をプレゼントしよう」

「……誕生日を?」

「そう。今日がいいかな、七月の十一日。今日が、きみの誕生日だ」

 少女の真っ白な頬に、じわりと赤みがさしてくる。わたしの、誕生日? 戸惑うような、けれど嬉しさを抑えきれないような少女の言葉に、男は深く頷いて少女を抱き上げた。

「お誕生日、おめでとう。きみが産まれたことを祝福するよ」





(時計をプレゼントする→時計のプレゼントを贈る みたいな語法で、誕生日のプレゼント→プレゼントは誕生日でした)