動画内など、他所でラテシンの問題を扱う(転載など)際について
ウミガメのスープ 本家『ラテシン』 
いらっしゃいませ。ゲスト様 ログイン 新規登録

みんなのGood


魔アザゼルは君に二体の僕を与えてくれた

一体は与えられた命令に忠実に従う素直君
一体は与えられた命令と反対の事をする反対君

例えば『部屋を掃除しろ』と命令すると素直君は掃除するが反対君は部屋を散らかす
『手伝え』と命令すると素直君は手伝い反対君は邪魔をする
あえて『部屋を散らかせ』と言えば素直君が部屋を散らかしてしまう

二体は人並み外れた知力・体力を持っている(魔法等は使えない)
与えた命令は必ず二体が共有する(片方だけに命令できない)

さて、この二体の僕を有効利用する方法を考えて下さい

一人で多数投稿大歓迎
質問は雑談欄でお願いします

解説に最も近い方にアザゼルのシンクロ者と言う不名誉と・・・

【参加テーマ・出題者に願う事!】
12年06月04日 20:00
【新・形式】 [アザゼル]



解説を見る

は草だらけの畑に二人を連れてきた
主人『畑の土を掘り返せ!』
命令に従い デレ子は土を掘り返す
ツン子は逆に掘り返された土を戻す
結果的に柔らかく解された良い畑になり俺はそこに作物の種をまくのだった

数時間後
主人『そろそろお昼にするか、おーい・・・』
そうだ『こっちへ来い』と言ったらツン子は来ない、どうすれば?
思案している間に二人は傍にいた
俺は無言でおにぎりを二人に渡す
二人は受け取ると『ありがとうございます』と言いニコリと笑った
デレ子だけでなくツン子も
そうだ!二人は人間と同じように自由意志を持っているのだ!『命令』にだけ悪魔の呪いが働くだけなのだ
つまり・・・
昼食を食べた私は無言で仕事をする
二人は無言で手伝う
掘る・埋めるの単調作業ではなく畑を耕し種をまき水をやる 私の何十倍も早く

それから・・・

朝、何も言わなくともツン子は朝御飯を作っておりデレ子は畑に水をやっている
二人の労を労ってやると顔を赤らめる
命令以外の言葉には悪魔の呪いは発動しない これでツン子が泣きながら邪魔をする顔を見ずにすむ(彼女も苦しかったのだ)

ツン・デレ『『ご主人さま』』
主人『ん?』
ツン・デレ『『愛してます』』
俺は無言で二人を抱き締めた
絆の証「1Good」
酒の席で、エドとマイクは、2人で乾杯をするときに必ず、思い切りグラスをぶつけ合うという。
しかし、その席にいる他の人とはそこまで強く乾杯はしない。
これにはちゃんと意味があるらしい。

一体なぜ、こんなことをするのだろう?
11年10月23日 22:49
【ウミガメのスープ】 [かっぱえびせん]

乾杯は絆の証




解説を見る
エドとマイクはそれぞれ隣国のリーダーであり、酒の席はその国の間の話し合いの後に催されたものであった。
このような場は策謀、姦計、何があるか分からない。もしかしたら彼らが飲むお酒のどちらかに毒が仕込まれているかもしれない。
そこで彼らはお互いに乾杯をし、互いのグラスの中身を相手のグラスの中に入れることによって毒が入っていないことを証明し合ったのだ。

これが、乾杯の始まり。
水神様に祟られて「1Good」
私たちの住む村にはとある池がある。
「カエル池」と呼ばれるその池は、村を守る水神様が祀られており、
村人達は盲目的に崇拝している。
それもそのはず。私達の村は「祟られている」のだ。
村の近くに越してきた若者が、水神様の社を汚してしまい、怒りをかったのだ。
若者はすぐさま村の衆に処刑された。しかし、祟りは終わらなかった。
村を次々に襲う疫病、不作、日照り、奇形児、洪水・・・
今でも度々生贄を捧げているが、祟りは収まることはない。

ところでこの「カエル池」にはカエルは住んでいない。昔住んでいたというわけでもない。
なぜ「カエル池」という名前がついたのだろう?
13年01月30日 22:55
【ウミガメのスープ】 [ruxyo]

★★★★




解説を見る
事は数十年前。
産業革命真っ只中の我が国においても例外ではなく、工場の廃棄物による「公害」が問題となっていた。
若者が設立した工場では有毒な廃棄物を川へ放流していた。その川というのが「水神の池」の上流部に当たる。
瞬く間に「水神の池」は毒によって汚染された。水の中にある社も例外ではない。
神の社を毒で汚されたのだ。村の衆が許すはずもない。若者はすぐに殺されてしまった。
・・・いや、すぐには殺されなかった。
若者は水神様の怒りを鎮める生贄とするため、四肢を落とされ池の中に沈められたのだ。

これがすべての始まりである。
・・・

私が物心ついた時にはその風習はあった。罪人や、公害の影響で生まれた奇形児の#red#四肢を落として#/red#池の中に沈める。
四肢のない男や赤ちゃんがもがきながら死んでいくさまを鮮明に覚えている。

私はこの村が嫌いだ。全てを「水神様」とやらに押し付けて、自分は被害者ヅラをしているからだ。
馬鹿げている。
不作や奇形児は公害の影響だ。避けようと思えば別の所から水を引くでもなんでも出来たはずだ。
日照りや洪水は自然現象だ。神様のせいじゃない。
疫病だと?
その小さな池に死体を放り込んで、腐らせて、熟成させた水を飲んでいたのは#red#どこのどいつ#/red#だ?

公害の影響は長く尾を引き、今でも度々奇形児は生まれる。
四肢のない子供達の泳ぐその池を今では憎しみを込めて「カエル池」と呼んで恐れている。
いつか、成長し手足を生やした彼らが復讐に来るのではないか と。

私は愛想を尽かし、村を出た。村はこれからも祟りに見舞われるだろう。
私の村は祟られている。
人の無知が生み、そして殺した、何人ものオタマジャクシ達の魂によって。

い少年を見かけたカメオ。

写真を撮ろうとしたところ、少年は両手を上げて踊るようにくるくるまわりだした。

一体何故?
15年04月02日 13:08
【ウミガメのスープ】 [ツォン]



解説を見る

年は楽しそうにまわっているわけではない。

降服の合図を、カメオに送っているのだ。

とある戦場になっている国に、取材に訪れたカメオ。
戦場カメラマンという奴だ。

難民キャンプに訪れたカメオ。

この凄惨な現状を伝えようと、キャンプの管理者達の許可を取り、とおりすがった少年の写真を撮ろうと、一眼レフカメラを構えた。

「Surrender to you!I give in to you!」(降参します!逆らいません!)
「えっ、え?」

両手を大きく上げて、何ももっていないことをアピールしながらまわる少年。

「No shot!No kill me!」(撃たないで!殺さないで!)
「あ…。」

切なさを堪え、シャッターを切った。

「Sorry!This is Camera!Please take your picture!O.K.?」(ごめんね、これカメラなんだ!君の写真を撮らせてもらって良いかい!?)
「Really?」(ほんとうに?)

少年はカメオに駆け寄ってきて、泣きじゃくった。

強く、抱きしめてやった。
金は最後ではなく最初に払うと決めているカメオ。
自分の分はもちろん払うことが多いのだが、唯一払わない時があるのだという。

それはどんな時だろう?
17年10月25日 23:58
【20の扉】 [上3]



解説を見る
【正解】
三画目の「はね」。

【解説】
「金」の1画目は「はらい」。
最後である8画目は「とめ」である。

一方、「自分」の「分」は4画のうち3画が「はらい」。
唯一払わない時とは、3画目の「はね」である。