動画内など、他所でラテシンの問題を扱う(転載など)際について
ウミガメのスープ 本家『ラテシン』 
いらっしゃいませ。ゲスト様 ログイン 新規登録

みんなのブックマーク

いいことしたのに「1ブックマーク」
カメオはウミオにいいことをしたのだが、ウミオに怒られてしまった。

なぜ?
17年10月29日 17:54
【ウミガメのスープ】 [Aspil]

98問目




解説を見る
カメオがバスで座っていると、老人のウミオが乗って来た。

カメオ「どうぞ座ってください」
ウミオ「年寄り扱いするんじゃない!」

理不尽に思うカメオであった。
小さな親切、大きなお世話「1ブックマーク」
ある日、カメオは駅で落し物を拾った。
カメオはそれはそれは親切な少年だったので、その落し物を駅員さんに届けた。

「落とし主さんに届きますように!」

数日後。
その事を知った落とし主から、カメオは酷く怒られてしまった。

一体なぜ?
16年10月01日 23:52
【ウミガメのスープ】 [虫圭]

出題から解説までよりも挿絵を描いていた時間のほうが長い瞬殺スープでございます。




解説を見る
カメオは拾った落とし物が落とし主さんに届くように、SNSへこんな事を書き込んだ。


"○○駅で落し物を拾いました!
ラテシンの人気キャラクター、ポトフさんのストラップです!
おそらく限定品だと思うので、落とした方は困っていると思います!
○○駅の駅員さんに預けてあります!
落とし主さんに教えてあげましょう!拡散お願いします!
この書き込みが落とし主さんに届きますように!"

「限定品のストラップ」はオークションで高く売れるだろう。
落とし主が落し物について聞きに行った時には、既に他の誰かがストラップを持ち帰ってしまっていた。

「あんたが余計な事をネットに書き込んだせいでストラップが盗まれたぞ!どうしてくれるんだ!」
「ご、ごめんなさい……僕はただ、親切心で……」

なおこの問題はフィクションですが、実際に落し物を拾った時は以下に注意。
#b#※落し物を拾った時は、駅なら駅員、または交番に速やかに届け出て、あとは預けた先に任せましょう。#/b#
#b#※万が一ネットで拡散するような場合にも、「○○で携帯を拾った」「××にストラップが落ちていた」程度の情報に留めておきましょう。#/b#
#b#※特に学生証や免許証を拾った場合、個人情報なので本人の許可なく写真を撮ってネットにあげてはいけません。#/b#
※ポトフさんストラップは出題者の妄想です。実際にこのような商品がある訳ではございません。
パーティーで「1ブックマーク」
男はパーティーに参加していた。
愉快な仲間が集まり、パーティーはとても楽しいものになると思われた。
盛り上がってきた頃、男は乾杯のワインを半分残して、死んでしまった。
なぜだろう?
16年05月21日 23:21
【ウミガメのスープ】 [こっこ☆]

 




解説を見る
パーティーに集まった仲間の一人が男に恨みを持っていて、殺す機会をうかがっていたのだ。
犯人は男を毒殺しようとした。
開始前に調理場に忍び込むことは出来たが、誰がどの料理をどれ位食べるか分からない。
男は殺してやりたいが、他の参加者まで巻き込みたくはない。
しかし、乾杯用のワインは全員に振る舞われる。
男がアルコールに弱く、乾杯のワインを半分残してしまう事を知っていた犯人は
全てのグラスのふちに毒を塗り、グラスの底に解毒剤を入れておいた。
これでワインを飲み干す他の参加者は助かり、ワインを残してしまう男だけ死ぬというわけだ。
女王「1ブックマーク」
その国の女王は、暇だったら戦争を起こしたりドレスを買ったりお金を巻き上げたりするような意地悪でとても我儘な性格の女王でした。
しかし、ある日を境に王女の性格は一転してとても優しい素直な性格に代わっていた。
何故だろう?
12年06月27日 23:24
【ウミガメのスープ】 [リガンテ]



解説を見る
王女には双子の妹がいた。だが、その国では双子は不吉なものと考えられており、妹はずっと地下に閉じ込められていた。

16歳の誕生日前夜、王女は高らかに笑い声をあげながら明日のパーティの準備をさせていた。勿論、自分の誕生日パーティである。総額ン億円以上はかかるであろう設備だという。
王女は自慢をしたかったのであろう、地下に降りて妹に会いに行った。

妹「お姉さま…」
姉「明日で私たちは16ね。しかも、明日お母様が私を正式に女王にしていただけるんですって!」
妹「…そうなのですか」
姉「そこで、このお祝いに貴方も何か願いを一つ叶えてあげるわ」
妹「…本当ですか?お姉さま」
姉「勿論よ、だって貴方は私の双子の妹だもの」

王女は不適な笑みを浮かべながら妹に向かいこくりと頷いた。

妹「じゃあ……」

妹は隠し持っていた鉄の棒で姉の頭を殴って殺した。

―― 私は貴方になりたいわ ――

兵士A「おい、あれから女王の態度が変わったな」
兵士B「ああ、まるで人が変わったかのようだ。とても優しいし、無駄づかいしないし」
兵士C「そういえば、妹君の部屋はもう開けなくていいと女王は言ってましたな」
兵士B「そうだな…。妹君のことはあまりでかい声で言うなよ」
兵士A「しかしまぁ、あの誕生日の晩、女王になって心を入れ替えようと思ったのでしょうな。良かった、良かった」
リクガメのスープ「1ブックマーク」
リクガメのスープを作った男は、これが自分がここで作る最後のスープになることを確信した。なぜ?
17年10月30日 23:00
【ウミガメのスープ】 [リクガメ]



解説を見る
「リクガメのスープ」とはこの問題、「男」とはリクガメ、「ここ」とはラテシンのこと。
最後のスープになると確信したのは、ラテシンが今日で終了するから。


と、言うわけでこれが最後の問題になってしまいました。ごめんなさい。
(もっと問題出題しておけば良かった…)



皆さん、今までありがとうございました!