動画内など、他所でラテシンの問題を扱う(転載など)際について
ウミガメのスープ 本家『ラテシン』 
いらっしゃいませ。ゲスト様 ログイン 新規登録

みんなのブックマーク

テロリスト思考誘導「38ブックマーク」
ガチャ、ツーツーツー・・・

ボス!お疲れ様です!

ボスの読み通り、ウミガメ合衆国の大臣は新兵器の設計図を所持していました!
息子をネタにして脅しをかけたら、あっさりと奪うことができましたよ!

これで我が同胞たちの勝利がまたグッと近づきましたね!はっはっは!

で、ですね・・・
設計図の引き渡し人がアジトに来るまでの間、我々、特にやることがないのですよ。

まぁ、いうなれば暇を持て余している、というやつです。
雑談がてら、我々が次に何をすべきか、指示をいただけないでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#big5#☆説明☆#/big5#
ウミガメ合衆国の国家転覆を企むテロリスト【ラテラル】。
そのボスであるあなたのもとに、現地の部下から通信が入った。

あなたは組織のボスとして、今一番優先しなければいけない行動を部下に命じてください。

#big5#★注意★#/big5#
・部下はボスの命令を絶対順守しません。命令には必ず理由を明記してください。

・特定の条件(3つほどあります)をすべて満たすと、#b#正解が出ていないくても【BADEND】で終了します。#/b#
 解決を目指してがんばってください。

・現在、電波の調子が悪いようです。稀にノイズが発生して通信が途絶えることがあります。
 幸い、ノイズは2連続で発生することはありません。

16年05月28日 13:18
【亀夫君問題】 [ruxyo]

【注意】BADENDあり




解説を見る
GOODEND

怪しい。
#b#都合よく起こる謎のノイズの発生。#/b#
#b#[良い質問]のつき方。#/b#
これは、明らかに不自然だ。

見れば、【ラテラル】に関する情報がわかるやり取りにだけ[良い質問]が付いている。


#b#(・・・何者かが、【ラテラル】の情報を引き出そうとしている・・・!?)#/b#


ボスであるあなたは、持ち前の勘と推理力から、通信を盗聴している第三者の存在に気づき、こう命じた。

蓮華「これ以上の情報漏えいを避けるため、回線を切り、任務遂行まで緊急事態以外掛け直すな」

一度はノイズでもみ消されそうになったが、何度も声をかける。

蓮華「これ以上の情報漏えいを避けるため、回線を切り、任務遂行まで緊急事態以外掛け直すな!!」

ようやく理解したのか、部下は通信を遮断し、それ以上の情報が漏れることは無かった。

そう、ボスとしてあなたが真っ先に命じるべき行動は、「情報漏えいを防ぐために通信を遮断すること」。

きっと今頃、 [良い質問]マーカーをつけていた第三者が、PCの前で歯噛みしていることだろう。

というわけで答えは、
[良い質問]やノイズで思考を操作し、【ラテラル】やボスの情報を引き出そうとしている第三者の存在に気づき、
「通信を遮断しろ」という旨のメッセージを送ることでした。


BADEND

最新型の通信盗聴器「ラテシン」。
特殊な赤いマーカーを用いて、通信している人間の興味や印象を操作できる新兵器だ。
ついに、我が国に仇なすテロリスト集団【ラテラル】の通信を傍受することに成功した。

目的は、【ラテラル】やそのボスの情報を出来るだけ迅速に、多く集めることである。
その中でも、現在、特に重要な情報は、下の3つだ。

・アジトの所在

・設計図のコピーの有無・所在

・人質である大臣の息子の安否

この3つがわかりさえすれば、我々は満を持して、奴らのアジトを襲撃することができる。

#b#事前情報から、【ラテラル】のボスは、#/b#[良い質問]#b#マーカーが大好きなようだ。#/b#
#b#そして都合の悪い質問は、ノイズを発生させて妨害。#/b#
#b#これらをうまく使えば、【ラテラル】の情報を引き出す方向に話を誘導できるかもしれない。#/b#

・・・

まんまと情報を引き出した私は、部下にこう命じたのだった。

「やつらのアジトはウミガメ合衆国 A町B区 XX-XX番地にある赤い屋根の一軒家だ。
 設計図のコピーは無し。人質はすでに死亡。
 これ以上の情報は引き出せそうにないな・・・もう十分だ。爆撃で問題無いだろう。」


そうして、【ラテラル】のアジトに向けて、迅速に爆撃機が飛ばされたのだった。


蛮勇親知らず「38ブックマーク」
銀行強盗の人質の一人・神原が、脅しのためのモデルガンに屈せず反撃に出ることができたのは、彼が直前に親知らずを抜いていたおかげだという。
いったいどういうことだろう?
17年04月06日 02:54
【ウミガメのスープ】 [牛削り]



解説を見る
歯科で親知らずを抜いてもらった帰り道、神原は銀行にふらりと立ち寄った。

番号札が呼ばれるのを待っているとき、

#big5#「お前ら大人しくしろ! 強盗だ!」#/big5#

男の叫ぶ声が聞こえた。
見ると、ヘルメットを被った男が拳銃を構えて立っている。
騒然とする市民たち。銃を向けられ、皆、血相を変えて押し黙る。

神原は思った。
こんなドラマみたいな状況に巻き込まれるなんて、#red#夢じゃないだろうか#/red#。
#red#彼は頬をつねってみた。痛みは全く無かった。#/red#
そうか、これは夢なんだ。

夢であれば何も怖がることなんてない。
神原は犯人の方へ近づいていく。

「お、おい、てめえ! 状況わかってんのか!?」
「わかってるさ」

神原は自分に向けられた銃口を叩き落とした。

「なっ……」

予想外の展開に怯んだのか、強盗に隙ができた。
背後にいた行員の一人が、その隙を見逃さなかった。
果敢に飛び掛ると、犯人を押し倒し、馬乗りになった。

数分後、警察官が到着する頃には、犯人はロープでぐるぐる巻きにされていた。


神原はその時に至って、#red#抜歯の際の麻酔で自分の頬の感覚が麻痺している#/red#ということに気付き、失禁した。



#big5#【要約解説】#/big5#
#b#銀行強盗に巻き込まれた神原は、夢かどうか確かめるため頬をつねった。#/b#
#b#その頬は直前の抜歯の際の麻酔の影響で麻痺しており、痛みは全く無かった。#/b#
#b#痛みを感じなかったため夢であると誤解し、無茶な行動を取ることができたのである。#/b#
【ラテクエ 32】 一秒一秒が命がけ「38ブックマーク」
浴衣を着た私は近くの店でかき氷を頼んだ。
出てきたかき氷に、しかし私はすぐには手をつけない。
辛抱強く、全てが水に戻るまで待ってから、私は初めてスプーンを手に取った。

一体何故?


supported by アザゼルさん
13年07月27日 21:26
【ウミガメのスープ】 [ディダムズ]



解説を見る
とある夏の夜、夏美は弟と夏祭りに行きました。
焼きそばを食べたり、金魚掬いをしたり、縁日を楽しむ二人は、近くの屋台で一緒にかき氷を買いました。
ところが、かき氷を食べようとした弟が、手に掛けた金魚の袋を落としてしまいます。
金魚たちは水から地面に放り出されてしまいました。
「かき氷は持っててあげるから、落ち着いて拾ってあげて。」
弟は苦しむ金魚を拾っては、袋の中に残った水へと戻していきます。
(これがホントの金魚救いね・・・。)
2つのかき氷で両手は塞がっていますし、懸命に金魚を助ける弟を思うと、自分だけ先に食べるわけにはいきません。
全ての金魚が水に戻るまで待つと、夏美は弟にかき氷を返し、スプーンを手にとってかき氷を食べ始めたのでした
毒キノコパラダイス「38ブックマーク」
梶田は、辺りに毒キノコしかないのを見て安堵した。

何故だろうか?
14年11月09日 12:31
【ウミガメのスープ】 [牛削り]



解説を見る
キノコ狩りに来た梶田は、ちょっとした事故のため帰り道がわからなくなり、山の中を彷徨っていた。
幸いキノコの知識はあるので、食料には困らなかった。

遭難5日目。
木々を分けて進んでいた梶田は、辺りのキノコが毒キノコだらけであるのを発見した。
#red#食べられるキノコは既に誰かの手により採集済み#/red#だったのだ。

「#red#ああ良かった、この辺りにはキノコ狩りの人が来るんだ#/red#」

そこを拠点に根気よく道を探し、無事生#b#きのこ#/b#ることに成功した梶田であった。
【遅効性の毒】「38ブックマーク」
数十分後には日付が変わる。
AはBをその日のうちに確実に殺す為、
遅効性の毒を用意した。

これは一体どういう事か?

14年08月15日 18:13
【ウミガメのスープ】 [のりっこ。]



解説を見る
ずっと前から、AはBを殺したかった。
殺したいほど恨んでいた。

様々な殺害方法を考えたが、
どうしても、
どうしても…出来なかった。

怖かった。

“人を殺める事”を、

怖れていた。



だが、やはり殺したいほどの恨みがある。



Aは…自分自身に必要なのは、



“Bを殺す為の絶対的な覚悟”

なんだと思った。



………覚悟を決めるには………



“確実に殺さなければならない状況へ、

自分を追い込まなければならない。”



Aの目的は、“Bを殺す事”。



もう、

“後戻り出来ないところ”

に、自分の身を置こうと考えた。



【今日のうちに、Bを殺す。】



リミットは数十分。



今まで、

どうしても土壇場で揺らぎ、

“覚悟が決められなかった”Aは、



用意した遅効性の毒を自ら飲んだ。



“これで、もう後戻りは出来ない”



目的を果たさなければ、

自分は死ねないのだから。



自分を確実な死の淵へと追い込み、

やっと覚悟を決められたAは、



静かにナイフを振り上げた。