。 ようこそ、ウミガメのスープ出題サイト『ラテシン』へ

あなたの投票一覧

ジャンル名前表示問題コメント日付
納得感部門からす山100円の愛

【ネタバレ】コメントを見る

「たった百円にもかかわらず、ではなく、たった百円だからこそ、でした。安いものであればこそ愛を感じる状況だったと分かれば納得です。」
2017年10月18日22時
トリック部門からす山100円の愛 「この言い回し、絶妙すぎます。」2017年10月18日22時
物語部門からす山海辺の悲劇

【ネタバレ】コメントを見る

「海でこの現象が起こることによって、二重の悲劇が発生してしまうのですね。何ともやりきれない物語です。これを考え付いたのも素晴らしい。」
2017年10月18日22時
伏線・洗練さ部門からす山海辺の悲劇 「極限まで削られた、見事な問題文。だからこそ完成度が高く、解説の良さもさらに引き立てられます。」2017年10月18日22時
トリック部門からす山海辺の悲劇

【ネタバレ】コメントを見る

「Bさんはともかく、Aさんの状況は問題文から想像されるものとは全然違います。完全にトリックのベールで覆いつくされています。見事。」
2017年10月18日22時
納得感部門からす山海辺の悲劇 「問題文の情報が少ないからこそ、こんなとんでもない真相が鮮やかに示された時には納得せざるを得ないでしょう。」2017年10月18日22時
チャーム部門からす山海辺の悲劇 「問題文から普通に想像される状況では、Bさんが頭を抱える理由が皆目見当もつきません。真相を早く知りたくなる、チャーム問題です。」2017年10月18日22時
亀夫君部門からす山お宅は誰? 「作りこみが凄すぎる……。私の頭では、この解説を読んだ後で敬意をほかの誰かに説明しようとしても、ちゃんと順序だてて説明をする自信がありません。そんな、再現すら難しいレベルの解説を、独自に作り出した牛削りさんが素晴らしすぎます。お見事!」2017年10月18日22時
斬新さ部門からす山エッシャー作 「ほかに書き方はもっとあったでしょうに、この斬新な箇条書きな文章、そしてすべての謎を四に集約することによって、新しさ、新鮮さ、他にはない独自さを生み出しています。」2017年10月18日22時
納得感部門からす山エッシャー作 「まさにその通り!納得するしかありません。」2017年10月18日22時
トリック部門からす山エッシャー作

【ネタバレ】コメントを見る

「思ったよりもずっと普通の状況。なのに、言い回し一つで、こんなに謎めいた、不可解なことになってしまうのです。叙述トリックにあっぱれ。」
2017年10月18日22時
20の扉部門からす山【無制限扉】階段で脱げたってことは、ピッタリじゃなくない? 「解説だけ読んでも、すぐにはピンときません。しかし、だんだんとじわじわ来るものがあるような気がします、これはそんな問題です。」2017年10月18日21時
伏線・洗練さ部門からす山価値ある情報 「風桶的な問題からの、丁寧な納得のいく解説。問題も解説もよく練られていると思います。」2017年10月18日21時
納得感部門からす山光を嫌う少女 「端的な解説にとても納得です。5行の問題文のすべてが、この解説へと集約されていると言っていいでしょう。」2017年10月18日21時
チャーム部門からす山光を嫌う少女 「問題文のどの箇所を取っても、いろいろと細かい状況を知りたくなる、とてもチャーム高めの問題だと思います。」2017年10月18日21時
物語部門からす山ウミガメのスープ ~Ratter版ver2~ 「本家以上ではないかとも思える、巧みで隙の無い、内容的にも鬼気迫る物語。凄まじいです。世界設定も人物設定も経過も結果もこのあとどうなるかを気にさせる度合いも、すべてが高水準です。」2017年10月18日21時
伏線・洗練さ部門からす山ウミガメのスープ ~Ratter版ver2~

【ネタバレ】コメントを見る

「この解説文の状況から、本家のオマージュっぽい問題文へと、非常にうまく状況が切り取られています。かなりの手腕と労力を感じさせますね。」
2017年10月18日21時
トリック部門からす山ウミガメのスープ ~Ratter版ver2~

【ネタバレ】コメントを見る

「本家と同じような状況にしか見えないよううまく偽装してありますが、実際は全然違いました。そこかしこの叙述でだますトリックが見事です。」
2017年10月18日21時
納得感部門からす山ウミガメのスープ ~Ratter版ver2~ 「なるほど、だからウミガメのスープのあとに料理人の自殺の順番なのですね。納得です。」2017年10月18日21時
チャーム部門からす山ウミガメのスープ ~Ratter版ver2~ 「本家のオマージュですが、料理人が自殺。このパターンは見たことがないし、誰がするにしても「自殺」というワードはチャームが高いですし、それが料理人という妙な立ち位置の人間であればなおさらです。」2017年10月18日21時