。 ようこそ、ウミガメのスープ出題サイト『ラテシン』へ

けして放棄ではない!(問題ページ

除をしていることを褒められたカメオは、すぐに掃除をやめてしまった。
一体なぜだろう?
15年08月18日 23:01
【ウミガメのスープ】【批評OK】 [甘木]



解説を見る

メオはホウキ……ではなく掃除機で掃除をしていた。

ブオオオ……

母「あら、カメオ掃除しているの?偉いわねぇ。」

ブオオオ……

カメオ「……え?なんか言った?」

カメオは母が自分に向けて言ったことの内容を確認するために、今使っている掃除機の電源を一旦切って掃除を中断したのだ。
総合点:26票  チャーム:1票  納得感:15票  伏線・洗練さ:8票  その他:2票  

ジャンル名前表示コメント日付
チャーム部門からす山
投票一覧
「何?ほめられると不機嫌になってしまう反抗期ですかあなた?それともツンデレ?謎は深まるばかりです。ややあいまいな状況設定も見事です。」2017年09月24日21時
納得感部門上3
投票一覧
「『すぐに』掃除をやめている!!解説の説得力が素晴らしいです。」2017年09月08日14時
納得感部門letitia
投票一覧
「水平思考の神様が、我々人間に完璧なお手本を見せるために用意したかのような問題です。ラテシンで永遠に受け継ぐべき偉大なる遺産でしょう。」2015年12月25日18時
納得感部門シトウ
投票一覧
「これが納得できない人は掃除してない人と言っても過言ではない。それほどに強烈な納得感が、たった二行の問題文から生み出されています。人にウミガメのスープを教える際にも最適なのでは? 問題もさることながら、タイトルも解説を読んでから見るとまた違って見えるものです。」2015年11月30日17時
納得感部門ひゅー
投票一覧
「牛削りさんのコメントで言及されていますが、日常にはこんな『非日常』が溢れているのかと思わせられる問題です。この問題を見てから、日常生活が少し楽しくなりました。」2015年11月30日00時
納得感部門アアア
投票一覧
「シンプルで納得感がすごいです。」2015年11月08日21時
納得感部門ruxyo
投票一覧
「解説読んだ瞬間思わずため息が出ました。「あぁ~なぁるほどね!」」2015年11月08日15時
納得感部門SNC
投票一覧
「あるあるなのに、思い付けない。だからこその納得感が凄いんです」2015年09月13日12時
納得感部門みたらし
投票一覧
「誰もが同じような経験があるのに、答えが出そうで出ない。とても絶妙で、的確な問題文だと思います。」2015年08月25日01時
納得感部門tsuna
投票一覧
「シンプルイズザベストな問題です」2015年08月24日23時
納得感部門ディダムズ
投票一覧
「シンプルながら確かな水平思考を感じられる問題だと思いました。深堀りする必要はありません。掘るべき場所があるんです。」2015年08月24日21時
納得感部門
投票一覧
「日常にある事を、ここまで納得感を持たせる文章は流石です!そして題名に遊び心を加えたヒントが何とも素晴らしくて、解説と題名に二度納得感を楽しめた作品です!」2015年08月20日15時
納得感部門芳香
投票一覧
「解説に辿り着いたときの息を呑んでしまうほどの納得感に、感服です。」2015年08月20日03時
納得感部門牛削り
投票一覧
「非常に説得力のある帰結。誰でも経験はあるはずなのに、ここに問題の種が眠っているとなんて今まで誰も気付かなかったという盲点をつく問題。こういう問題に出会うと、僕らの生きている日常は実はつまらないものなどではなく、気付きさえすれば面白いことで溢れているのだと希望が湧いてくる。」2015年08月20日00時
納得感部門のりっこ。
投票一覧
「まさに王道を行く水平思考問題です。」2015年08月19日22時
納得感部門フィーカス
投票一覧
「まさに身近によくある、あるあるネタ。しかし、こうしてみるとみごとに不思議な状況になっているのがすごいと思いました。タイトルも単なる言葉遊びではないところが素晴らしいと思います。」2015年08月18日23時
伏線・洗練さ部門ゴトーレーベル
投票一覧
「この視点、この表現が、どこにでもあるただの日常に新しい表情と面白さを付与している。日常のふとした瞬間に思い出す、いや、思い出してしまう問題。http://sui-hei.net/mvs/show/13304 このときにも言ったが、それはとても高い境地だと思う。」2017年10月22日01時
伏線・洗練さ部門からす山
投票一覧
「完璧ですね。最高級の完成度です。」2017年09月24日21時
伏線・洗練さ部門からてちょっぷ
投票一覧
「解説の出来事は簡単に想像できること。しかしながら、ある要素を綺麗に隠すだけで、こんなにも魅力的な問題になります。タイトルも含めて、完成された一品。」2015年12月28日23時
伏線・洗練さ部門フィーカス
投票一覧
「過不足ない問題文、解説を読んで「そういうことか!」と思わず問題とタイトルを見返してしまう伏線、そして当然の如く誰もが納得するこれ以上ない解説文。芸術的な「美しい問題」でしょう。例えるならば、ラテシン界のミケランジェロ。」2015年12月21日03時