項目についての説明はラテシンwiki

壺に執着する男(問題ページ

値が知りたいわけではないのに、何度も同じ壺を鑑定してもらう男。一体なぜ?
17年08月28日 20:13
【ウミガメのスープ】【批評OK】 [白露もみじ]



解説を見る
当の価値を知っている壺を鑑定してもらうことにより、その鑑定士があてになるかを調べるため

価値が知りたい美術品と一緒に、その壺も鑑定してもらうのである。
総合点:8票  チャーム:1票  納得感:3票  トリック:2票  伏線・洗練さ:1票  物語:1票  


最初最後
チャーム部門プエルトリコ野郎
投票一覧
「とても良い問題!!」
2018年12月29日23時
納得感部門とかげ
投票一覧
「何度も同じ壺を鑑定して貰う驚きの理由とは。問題文も解説もシンプルかつ明快で潔い。非常に現実味のある真相で、納得度の高いスープだ。」
2017年10月26日20時
納得感部門甘木
投票一覧
「問題文と解説がともに短くまとめられていて、なおかつ納得感の高い問題。視点の変え方の大切さを教えてくれる良問題です!」
2017年09月01日19時
納得感部門ひゅー
投票一覧
「問題文はたった1行、それでいて明確な謎が含まれています。シンプルながら我々の思い込みを利用した、誰かに出したくなるスープです。」
2017年08月29日18時
トリック部門からす山
投票一覧
ネタバレコメントを見る
「鑑定しているのは、壺ではなく鑑定士の方。そして鑑定してもらいたいものはほかにある。これらのトリックは応用範囲が広そうです。」
2017年09月11日21時
トリック部門ディダムズ
投票一覧
ネタバレコメントを見る
「壺の価値ではなく、鑑定士の力量の方が知りたいという着眼点が問われる問題。先に「お試し」で相手の力量を量るというのは実社会でも良く行われることであり、発想の応用性もあると思います。」
2017年09月09日20時
伏線・洗練さ部門からす山
投票一覧
「非常に端的にまとめられ、洗練されています。チャーム、納得感、トリックの面でもレベルが高い良問です。」
2017年09月05日21時
物語部門からす山
投票一覧
ネタバレコメントを見る
「タイトルの「壺に執着する男」は、嘘ではないのかもしれません。壺を鑑定してもらうのはついでに過ぎないのに、ほかの美術品と一緒に何度も鑑定してもらううちに、自分にはこの壺が頼りだと、ほかのどんな美術品よりも大きな愛着がわいたり……。いろいろと想像してしまいますね。」
2017年09月11日21時

最初最後