ウミガメのスープ 本家『ラテシン』 
いらっしゃいませ。ゲスト様 ログイン 新規登録
項目についての説明はラテシンwiki

《ロンリの罠・番外編》猛毒クライシス(問題ページ

この問題は牛削りさんの【《ロンリの罠・第一講》牛乳ラビリンス】http://sui-hei.net/mondai/show/19899の後の話です。


「おーい、佐藤!ちょっと聞いてくれよ」
「おお久松。どうしたんだ?」
「この間『ロンリ学』の授業で”ロンリの罠”というのを学んだんだけどな、それが凄く面白くてさ」
「ロンリの罠?」
「ああ。筋道だてて話しているつもりでも、論理的に正しくないということは多々ある。それを"ロンリの罠"っていうんだ。これは先生の受け売りなんだけどな」
「へー。そんなのがあるのか」
「ああ。例を出すからちょっと考えてみてくれよ」


(A)
男は、よく育つが致死性の毒を持つ植物kを育てることにした。
育ったら自分で食べるつもりである。
男は何故kを育てようと思ったのだろうか。


「自殺するためかな?」
「はは、論理的じゃないねえ」
「なんだと」
「まあ怒るなよ。こんな条件を加えてみよう」


(B)
植物kの果実には致死性の毒がある。


「ん? この条件で何が変わるんだ」
「わからないか? (A)では、植物kのどこに毒があるかは言明していないんだ」
「あ、そうか。果実には毒があるけど、茎や葉は無害かもしれないのか」
「そう。そして男は毒のない茎や葉を食べるつもりなのかもしれない。つまり、自殺と判断するのは早計だということさ」
「じゃ、じゃあ、これならどうだ」


(C)
男は、植物kを育てることにした。
植物kはよく育ち、果実には致死性の毒がある。
男は、植物kが育ったら自分でその果実を食べるつもりである。
男は何故kを育てようと思ったのだろうか。


「これなら、間違いなく自殺のためだろう」
「甘いな。残念ながらこれも想定内さ。実はこれ、実際にあった話を元に作っていて、状況もほぼ(C)そのものなんだ。だが男は服毒自殺の為にkを育てていたわけじゃない」
「ええ!?」
「これがロンリの罠だよ。真相がわかるかい?」
「うーん、男はそれ以外に食えるものを育てていたのか?」
「いや、kだけだ。ついでに言うと、この土地でk以外の植物を育てることは可能だ」
「それなのに自殺じゃない……わからん、降参だ」


降参してしまった佐藤のあとを引き継ぎ、ロンリの罠を回避しつつ(C)に回答せよ。

===========================
SP牛削りさんです。SP&出題許可ありがとうございます。
15年12月15日 22:21
【ウミガメのスープ】【批評OK】 [まぴばゆ]



解説を見る
モデルにしている植物はキャッサバといって、タピオカの原料にもなる芋の一種なんだ」
「タピオカ? 毒なんかないじゃんか」
「元々はあったんだよ。加工の過程で毒抜きをしているんだ」
「毒抜き? なんかずるくないかそれ。全然納得できないぞ」
「まあ待て。設問は、"男がkを育てている理由とは"だっただろ? 『毒抜きすれば食えるから』ではまだ半分だ。食えればいいなら、元々毒のない植物を育てればいいんだから」
「確かに……」
「加工後は毒が抜けているが、栽培中は致死性の毒がある。こんな植物を育てるメリットってなんだろうね?」
「うーん……」
「毒があるよわかっている植物を、君は食おうと思うかい?」
「まさか」
「当然だね。それは誰だって同じさ。俺も、この話の男も、それから野生の草食動物も」
「あっ!」
「わかったかい? 男がkを育てる理由」
栽培中に、動物に荒らされないため……?」
「そう、それが真相さ。どうだい論理学、面白いだろう」
「おう、すげえ面白い! もうちょっと話聞かせてくれよ!」
「よし、じゃあカフェでも行こう」
「おごるよ。何がいい?」
「タピオカミルクティー」



【要約解説】
kは毒抜きをすれば食べられる。
元々は有毒の植物なので、野生動物に食い荒らされる心配がない。
上記理由から、高い収穫率が見込めるという理由で、男はkを育てているのだ。
総合点:5票  チャーム:2票  納得感:2票  トリック:1票  


最初最後
チャーム部門からす山
投票一覧
「ロンリの罠を交えた、段階的な問題の出され方が非常に興味深いです。」
2017年10月01日18時
チャーム部門かもめの水平さん
投票一覧
「Cだけでも問題としては十分に面白さを感じさせるのに『ロンリの罠』という設定で自殺という真っ先に考えるであろう可能性を潰される。これだけで何故?という期待感がグッと高まっているのです」
2016年03月20日09時
納得感部門アアア
投票一覧
「問題文も解説もとてもよくできていて面白い。」
2017年01月01日16時
納得感部門牛削り
投票一覧
「致死性の毒がある植物を、いずれ食べるつもりで育てる男。自殺目的、というのがすぐに浮かぶ答えだが、用意されているのはそれをはるかに超える意外さと合理性を兼ね備えた理由であった。単純な別解が存在する問題の場合、用意される真相にはそれを超える何かがなければならない。当問題はその要求を十分に満たすものであった。」
2015年12月16日20時
トリック部門ディダムズ
投票一覧
「明確な謎のある問題文、柔軟な考え方と視点の切り替えが求められるトリック、そして事実に基づく妥当性とウミガメ界のトリプルスリー(?)を達成した問題だと思います。」
2015年12月17日18時

最初最後