ウミガメのスープ 本家『ラテシン』 
いらっしゃいませ。ゲスト様 ログイン 新規登録
項目についての説明はラテシンwiki

マネーロンダリング(問題ページ

あるお店では、一万円札3枚を32000円で売っている。銀行のATMで下しただけの、ごく普通の誰でも持っているような一万円札なのだが、これが結構売れているらしい。当然、売り手も買い手も全員日本人だ。

何故、このお店では普通の一万円札がこんなに売れているのだろう?

※元ネタあり。知っている人はROMでお願いします。
17年04月19日 11:02
【ウミガメのスープ】【批評OK】 [フィーカス]



解説を見る
あるインターネットサイトでは、買い物をするたびにポイントがつく。このポイントはそのサイトのみ使えるもので、1ポイントで1円分の買い物ができる。さらに、時々メールマガジンなどでもポイントが付くことがある。

さて、そのサイトで買い物したりメルマガで獲得したりでポイントがたまったはいいが、ポイントを使わない人にとっては無用の長物だ。ポイントがたまっているのに特にそのサイトで買うものがない場合、たまったポイントがもったいない。
そこで、そのサイトで出店しているそのお店では、一万円札などの現金を販売している。目的は、ポイントの現金化なのだ。
32000ポイントたまっていても、使わなければ意味が無い。そのポイントで3万円貰った方がいいと言う人も出てくるだろう。


要約:(インターネットサイトで)溜まったポイントを現金化するため

※メルカリではカード利用額を現金化するために、一万円札5枚を55000円で出品している人もいるのだとか。
総合点:1票  納得感:1票  


最初最後
納得感部門ディダムズ
投票一覧
「実話であることに裏付けらた、納得感の非常に高い問題。実話という厳格に条件が定まった中で考え方を試される、水平思考の醍醐味を感じる問題だと思います。」
2017年04月20日20時

最初最後