ウミガメのスープ 本家『ラテシン』 
いらっしゃいませ。ゲスト様 ログイン 新規登録
項目についての説明はラテシンwiki

確率の確立(問題ページ

ニバル病は発症すると100%の確率で一年未満に亡くなるという恐ろしい病気だが、幸いにも完治させることのできる手術の方法が確立されていた。

しかし、ある調査によると「手術をしてカニバル病を完治させた者」と「手術をしたがカニバル病を完治させることが出来なかった者」とでは、割合的に前者の方が先に亡くなる可能性が高いという結果が出たという。
これは一体どういうことだろう?
17年04月06日 21:46
【ウミガメのスープ】【批評OK】 [甘木]



解説を見る
ニバル病の手術は非常に難易度が高く、ベテランの医師でないと成功させることがほとんどできない。
そして、問題文の調査とは医師に関する調査である。

「(患者の)手術をしてカニバル病を完治させた者」は経験豊富なベテラン医師が多い。
「(患者の)手術をしたがカニバル病を完治させることが出来なかった者」は経験が浅い新人医師が多い。

高齢なベテラン医師の多い前者と、若い新人医師の多い後者とでは、当然ながら前者の方が先に寿命を迎える可能性が割合として高いのである。
総合点:4票  トリック:2票  伏線・洗練さ:2票  


最初最後
トリック部門ホルス
投票一覧
ネタバレコメントを見る
「「これは一体どういうことだろう?」も何も、問題文にはごく自然なことが書かれてあるだけなのですが、簡単に騙されてしまいます。出題者の叙述トリックの手腕が光る一問です。」
2017年07月08日22時
トリック部門tsuna
投票一覧
「隠し方が非常にうまいです」
2017年04月06日22時
伏線・洗練さ部門driving
投票一覧
「カニバル病の設定が魅力的。二項対立の置き方がうまい。問題文がシンプルで引き締まっている。そのためいろいろな発想が出てきますが、やはり解説を見るとそれが唯一解だと確信させる。まさにMVSといった作品。」
2017年10月23日02時
伏線・洗練さ部門ディダムズ
投票一覧
「大胆なトリックとそれでいてフェアな問題文の洗練された問題。架空の病のため、別解はいくつでも作れますが、やはりこの解説が最適と思わされる構成だと思います。」
2017年04月15日22時

最初最後