。 ようこそ、ウミガメのスープ出題サイト『ラテシン』へ

カメオの心(問題ページ

カメオ…また引きこもってしまったのか…」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
カメオの引きこもりを解決してあげてください。


回答スピードゆっくりです。
至らない点が多いと思いますが、よろしくお願いいたします。
17年07月02日 01:43
【亀夫君問題】【批評OK】 [とむわん]



解説を見る

っかけは、幼い頃受けたいじめ。
理由もわからず友人からいじめられ、それを親に訴えてもまともに相手をされなかった。
味方がいない事に気づいた僕は、ある時無意識に自分の中に味方を生み出した。

それが、トミー。

この日以降、心なしかいじめられる回数が減っていった。
実際は回数が減ったのではなく、僕がいじめに耐えられなくなる回数が増えてその度にトミーが役目を交代してくれていただけだったんだ。
トミーは自分の役目をよく理解していたのか、僕をずっと守ってくれた。

その次に出てきたのはメアリー。
親が離婚する事になった上、2人とも僕を引き取ろうとしてくれず、なにもかもがわからなくなって頭が真っ白になった時に生み出した。
メアリーは何も知らない赤ちゃんのような人格で、目の前の
楽しい事を見つけてはそれに夢中になり、嫌な事を忘れようとしていた。

その次はゴン。
なんでも拳で片付けようとする危なっかしい人格。
両親に見放された僕を鼻で笑う高校の先生に対し、
ゴンは有無を言わさず思いっきり殴りかかった。らしい。

そうやって僕は、自分が知らない内にどんどん色んな人格を生み出し、
嫌な事があるたびに誰かに役目を交代してもらっていた。
自分ではそんな感覚はなかった。
ただただ、何をしていたか思い出せない事が多い。それだけだった。


20歳を過ぎた頃だろうか。段々、"記憶にない行動"は少なくなっていった。
どうやら、トミーがこのままではいけないと思い、
他の人格を1人ずつ説得し眠らせていったようだ。
きっかけは病院だったみたい。僕自身病院に行った覚えはなくて
その時も自分達の事を知られない方がいい、とトミー達が診察を受けたようだけど。


そして月日は立ち、人格が僕とトミーだけになった頃。
僕は初めて僕自身の人格の状態で、過去の自分を撮ったビデオを見せられた。
そこには明らかに口調が違う"僕じゃない僕"がいた。
ここで初めて知った。

僕は………多重人格?


その瞬間、僕の人格はまた心の奥に引きこもってしまった。
僕は何をしてたんだ?
僕は精神をきたしていたのか?
僕は…誰だ?

そうやって引きこもった僕を見ながらトミーは途方にくれてしまった。
カメオはこのままでいるわけにはいかない。
でも、もう打つ手が…。

そんな時にあらわれたのが"多重人格という人格を持つ"、そうそこの君だ。


トミーも最初は驚いたみたい。せっかく今までの人格達を全て眠らせ、後は僕に現実を理解してもらって自分が眠るだけという段階までやってきたのに、さらに人格が生まれたのだから。


しかし僕とトミーは、君と話し合いをする中で理解する。

僕が最後に生み出した君は、
"自分自信を客観的に見つめ直す為の人格"
だったんだと。



トミーは他の人格達とやってきたように、君と「おやすみ」の言葉を交わす。
そして君は、僕と「おやすみ」の言葉を交わす。
全ての人格は眠りにつき、そこにはまぎれもない僕だけが残った。

そして、僕は目を覚ますーーー



トミー。僕は君の事をずっと知らなかったけれど、
こんなに心の弱い僕がここまで生きてこれたのは君のおかげだ。
今まで…本当にありがとう。

そして、最後に生まれた多重人格という人格の君。
僕に現実を気づかせてくれてありがとう。


僕はこれから、本当の意味で1人で立てるように頑張っていくね。


■FA条件
・カメオが多重人格だと気づく
・参加者自身が「カメオの中の人格の1人」さらに「多重人格という1つの人格」だと気づく
・「多重人格という人格」が生まれたのは「カメオが自身を見つめ直そうとしているからではないか」と説得する
・「おやすみ」で、トミーと参加者が眠る
総合点:3票  亀夫君部門3票  

最初最後
ジャンル名前表示コメント日付
亀夫君部門オットセイ三世
投票一覧

【ネタバレ】コメントを見る

「相手に寄り添い、対話を重ねることの大切さに気づかせてくれます。心温まるストーリーです。」
2017年10月29日17時
亀夫君部門からす山
投票一覧

【ネタバレ】コメントを見る

「いきなり「また」「引きこもり」「それを解決」というワード付きの端的な問題文のチャーム、一つ一つ問題を解決したあとの納得感、ラテシンのシステムを利用した「多重人格の中の多重人格」というトリックの斬新さ、一つの短編小説にも出来そうな洗練された感動的な物語。亀夫君問題でなければいろんな部門に投票していたであろう、とても魅力的で優れた問題だと思います。」
2017年09月01日09時
亀夫君部門エリム
投票一覧
「これは見事。謎もシステムもストーリーも、徹底して練り上げられている1問。亀夫君問題でしばしば生じる『参加者の立場は?』という疑問までも、問題文で設定を明記する以外の方法で美しく解消しています。何気なく読み始め、質疑応答を読んでいくうちに気付くでしょう――全てが徹底して練り上げられているということに。」2017年08月25日01時

最初最後