ようこそゲストさん ログイン 新規登録 問い合わせ

「【猛者のスープ】鏡の真実(コタエ)」

[ポトフ] 2016年09月27日21時00分


『鏡よ鏡。世界で一番美しいのは誰だい?』

白雪姫の読み聞かせをしている時、娘に

「ねえお母さん。鏡に映っているのは、だあれ?」

と尋ねられたのですが

私には、答えることが出来ませんでした。

いったい何故?

状況を解き明かして下さい


この問題ページに行く

解説を見る



「ママ、これ、なあに?」

娘が一本のビデオテープを手に、尋ねてきました


「それはね、ビデオっていって・・・・・・ほら、キョウコとママが一緒にいるところを

 パパが後からテレビで観れるようにしているでしょ? それと同じようなものよ」

「じゃあ、これにも?」

「そうよ。ママの小さい頃が観れるわよ」

「ママの? ねえ、私みてみたい!」

「そう? それじゃ、観てみましょうか」


そうして私は、娘が持ってきたビデオを、再生しました


画面の中には、小さい頃の私と、母が遊んでいるところが映っています

『あはは!』

『ほらほら、お父さんの方向いてあげて』

「ママと・・・・・・おばあちゃん?」

「そうよ、ママにも、おばあちゃんにも、こんな頃があったのよ?」


暫くみている内に映像は切り替わり、母が私に絵本を読み聞かせているシーンになりました


『お妃さまは、魔法の鏡に尋ねます

「鏡よ鏡。世界で一番美しいのは誰だい?」

すると鏡は白雪姫を映しながら──』


「ねえお母さん。鏡に映っているのは、だあれ?」

「え? 白雪姫よ、お妃さまの娘の・・・・・・」

「でも、映っているのは男の人だよ?」

「・・・・・・?」

よくみると、娘が指し示しているのは、映像の中に映っている鏡でした


そこには、ビデオカメラを持ち、私と母を映している男性の姿がありました


「ねえ、この人は? おじいちゃん?」


────私には答えることが出来ませんでした

その鏡に映っている男性は、明らかに私を育ててくれた父とは違う人物でしたから

いったい、何故?────



※要約
私は娘と一緒に、自分が小さい頃に撮影されたホームビデオを見ていた。
ビデオの中で、自分の母親が幼い自分に白雪姫の読み聞かせをしているシーンがあったのだが

室内の鏡に撮影者が映りこんでいた。

その撮影者が、父と思っていた人物ではなく、知らない男であったため、私は娘の質問に答えることができなかった。
総合点:2票  伏線・洗練さ:1票  物語:1票  

最初最後
伏線・洗練さ部門エリム
投票一覧
「絶妙な状況描写の『ずらし方』も素晴らしいのですが、解説の余韻も素晴らしいです。トリックも見事ながら、様々な感情に解釈できる余地を残した物語も素晴らしいです。」2016年10月10日12時
物語部門まきや
投票一覧
「何段構えにもなった叙述のトリックが、不思議な物語を紡ぎ上げます。さすがは猛者」2016年10月09日17時

最初最後