。 ようこそ、ウミガメのスープ出題サイト『ラテシン』へ

神の鑑定人(問題ページ


ある考古学者が、自分が手掛ける遺跡から発掘した出土品の年代を正確に答えた。

結果、発掘が出来なくなってしまった。

一体何故?
16年05月25日 20:21
【ウミガメのスープ】 [ツォン]



解説を見る


掘現場から人骨が出てきたのだが、助手が学者にたずねた。

「博士、この骨はいつ頃のものですか!?縄文…弥生時代あたりでしょうか!?」

「…こりゃ平成だろ。」

結果、死体遺棄事件となり、発掘現場は事件が落ち着くまで中断せざるをえなくなってしまったのだ。
総合点:5票  チャーム:1票  納得感:3票  物語:1票  

最初最後
ジャンル名前表示コメント日付
チャーム部門蓮華
投票一覧
「問題文にすべての要素が無駄なく詰まっています。出土品という非常にうまい表現をしたオブジェクトがあり、考古学というテーマも合わせ、非常に後味の良い問題だと思います。」2016年06月23日23時
納得感部門なさ
投票一覧
「思わず笑ってしまう。こういうブラックユーモアのきいた問題は自然に納得感も高まるような気がします。」2016年06月24日14時
納得感部門牛削り
投票一覧

【ネタバレ】コメントを見る

「出土品の年代を測定することは考古学者の本業である。しかし当問題の考古学者は、その本業をこの上なく精密に行ったがために、発掘ができなくなってしまったという。年代が縄文や弥生ではなく平成であるというただその一事のみをもって、ここまで結果が反転してしまうのは面白い。」
2016年06月22日12時
納得感部門かもめの水平さん
投票一覧
「正確に答えることで、発掘が出来なくなる、諸説用意出来そうでありながら、この答え程の理由はなかなか用意出来ないでしょう。おみごとです」2016年06月08日20時
物語部門Period
投票一覧
「なんとw」2016年06月26日12時

最初最後