ウミガメのスープ 本家『ラテシン』 
いらっしゃいませ。ゲスト様 ログイン 新規登録
項目についての説明はラテシンwiki

これは本当にウミガメのスープですか?(問題ページ

きつけの定食屋さんにやってきた男。
男は普段は自分で食事を作るのだが、面倒くさくなると時々ここへやってくる。
何を注文しようかとメニューを開くと片隅の方に新しくウミガメのスープが追加されていた。
なんとはなしにそのウミガメのスープを注文し、一口飲んだ男は店主に質問した。
「…店主さん…これは本当にウミガメのスープですか?」
「はい。これは間違いなくウミガメのスープですが…」
その返事を聞いた男は店主を殺してしまった。

いったい何でだろう。

※嘘を一回つきます! でも問題文に嘘はないよ。
15年04月01日 23:57
【ウミガメのスープ】【批評OK】 [プエルトリコ野郎]



解説を見る
丁。




※この問題がウミガメのスープというのは嘘です。本当は20の扉。
総合点:28票  納得感:2票  トリック:6票  伏線・洗練さ:2票  言葉遊び:2票  斬新さ:7票  その他:9票  


納得感部門ツォン
投票一覧
「繰り返しずるいと申し上げてきましたが、解説に関しては納得感の塊です。物理的に。」
2016年02月27日09時
納得感部門tsuna
投票一覧
「反論が一切出来ないそんな力強い解説です」
2016年02月27日08時
トリック部門イナーシャ
投票一覧
「かつてここまで嘘一回を活かした作品があっただろうか?そんな思いすら浮かびます。」
2017年09月24日03時
トリック部門からす山
投票一覧
「そこにトリックを仕込みますか……いい度胸ですよ……(ほめ言葉)」
2017年09月23日16時
トリック部門ナ。ビスコ
投票一覧
「ラテシンのルール説明文を逆手に取ったとても素敵な問題です。ルール説明文に意図的にジャンルミス、、、、、という文があるがこのために作られた文だったのだろうか?とは言え問題に参加したかった,,,,,,,」
2017年06月14日18時
トリック部門エリム
投票一覧
「これは酷いwww としか言いようがありません。素晴らしいです。嘘ありルールを最大限に生かした1作。」
2016年03月21日16時
トリック部門ツォン
投票一覧
「改めていいます。これはずるいw」
2016年02月27日09時
トリック部門tsuna
投票一覧
「非常に野心的なトリックに圧倒されました。」
2016年02月27日08時
伏線・洗練さ部門Period
投票一覧
ネタバレコメントを見る
「ラテシンのジャンルを上手く使用した問題。精度が滅茶高いです。こういう問題をつくれるようになりたいなーという感じです。」
2016年05月08日16時
伏線・洗練さ部門かもめの水平さん
投票一覧
ネタバレコメントを見る
「個人的にこの問題で一番感動したのは【何でだろう】という言葉の鮮やかです。ちゃんと真実に則した言葉を選ぶこの周到さこそが尚この問題の感動を生んでいるのだと思います」
2016年03月21日23時
言葉遊び部門蓮華
投票一覧
ネタバレコメントを見る
「何で?と理由を聞かれたとき、「車で」とか「消しゴムで」などと冗談で答えることがありますが、ウミガメのスープに最大限に利用したのはお見事です」
2016年05月11日09時
言葉遊び部門tsuna
投票一覧
「日本語ならではです」
2016年02月27日08時
斬新さ部門イナーシャ
投票一覧
「散々他の方も書いていますが、これは本当にずるい。勿論、褒め言葉です。」
2017年09月24日03時
斬新さ部門からす山
投票一覧
「この斬新さ……。初心者にはオススメ出来ませんね、うん。」
2017年09月23日16時
斬新さ部門UNC
投票一覧
「「この発想は無かった」としか言いようがない」
2016年06月17日01時
斬新さ部門手弁当
投票一覧
「目に涙をためて大笑いしながら「あんまりだ~!」と叫ぶ、そんな作品。」
2016年03月21日15時
斬新さ部門のりっこ。
投票一覧
「本当にしてやられました。 実に素晴らしい仕掛けが施された良問です!!!」
2015年06月16日15時
斬新さ部門えねこー☆
投票一覧
「この発想はなかった!出題者としてしてやられた問題でした。」
2015年06月16日13時
斬新さ部門tsuna
投票一覧
「上手い!そしてズルイ!」
2015年05月04日11時
その他部門からす山
投票一覧
ネタバレコメントを見る
「非常に高度な言葉遊びのトリック。けどネタとしては単純そうにも見えるので、真似したくなる感じもします。……しかし、このトリックを安易に真似しようとするのは危険です。ただでさえ一発限りのトリックのうえに、それが最大限に生かされているからです。ウミガメスープ問題の叙述を続けて惹き付けたあと、最後に赤字で「殺してしまった」の文言で完全に注意をそちらに向かせています。上級者のみが使えるもので、下手に真似をするのは危険です。しかし、なんともいえないこの問題のような技が、のちの問題でも見られるとしたら、それは是非見てみたい。安易に期待は出来ないけど、どこか期待してしまう。そういう意義があるこの問題に、「その他」にも投票します。」
2019年01月14日21時