。 ようこそ、ウミガメのスープ出題サイト『ラテシン』へ

【新サイト】「悪役が魅力的」「美味そうな食事シーン」などの要素で探せる検索サイトを作りました!

ちょっとだけ宣伝!映画や小説、漫画などの7つのサイトがあります!

酷く憎いけど愛してる(問題ページ

が必死の形相で写真を踏みつけたのは、その写真が、今は亡き恋人が写った唯一の写真だったからだという。
一体どういうことだろう?
17年10月30日 11:28
【ウミガメのスープ】 [黒井由紀]



解説を見る

し合っていた恋人を亡くした彼は、すっかり生きる気力を無くし、酒と煙草に溺れ、自堕落な生活を送るようになった。
そんなある日、発泡酒を飲みながら眠ってしまった彼は、焦げ臭いにおいに目を覚ます。寝ぼけ眼で明るい方に目をやると、灰皿から火柱が上がっていた。
どうやら大量の煙草のどれかを消し損なったらしかったが、そんなことはどうでもいい。彼が驚いて飛び起きたことで、炎がぐらりと揺れ、側にあったもの――酒瓶とつまみと財布、それに、亡き恋人が写った一枚こっきりの写真――を飲み込んだ。
彼は、燃え上がる財布も、大きな火柱も気にとめず、迷わず写真を救い出す。
今の自分や生活が燃えるだけならまだしも、これまで燃やされてはたまらない。
彼は、恋人の写真に付いた火を必死の形相で踏み消した。
やがて写真に付いた火が消え、恋人の笑顔が無事であることを確認すると、彼は消化用の水を汲みにキッチンへと向かった。
その顔には、恋人を無くす前の彼が持っていた、生きることへの強い意志が宿っていた。
総合点:2票  物語:2票  

最初最後
ジャンル名前表示コメント日付
物語部門からす山
投票一覧

【ネタバレ】コメントを見る

「短いけど、凄く深いです。この物語の彼に抱く感情は、人によって大きく異なるでしょう。私は……どうか、強く生きてほしい。恋人も、きっとそれを望んでいるはずです。」
2017年10月30日18時
物語部門TTR
投票一覧

【ネタバレ】コメントを見る

「短い中にも絶望から希望への物語が示された黒井さんらしい物語。この男に幸あれ。と思わせる内容。ぜひご一読を!」
2017年10月30日11時

最初最後