。 ようこそ、ウミガメのスープ出題サイト『ラテシン』へ

この料理を作ったのは誰だ!?(問題ページ

しぶりに家に帰ってきた私は
妻の手料理を食べてその味が自分の好きな味であったことに驚いた。

妻の料理の腕が上がったわけでも、味が変わったわけでもないのに一体何故?
16年08月17日 22:34
【ウミガメのスープ】 [松神]



解説を見る

はつい先日まで入院していた。理由は重度の高血圧。
普段からあまりにも偏った食生活をしすぎたとのことだ。
私自身はさほど自覚していなかったが妻の手料理が悪いらしい。

まあそれを本当の意味で理解したのは今妻の手料理を食べてからなのだが。

この異様なほどしょっぱい料理の数々を。


入院中に病院食ばかりを食べていたおかげで舌が正常になったようで
今まで好んでいた食べ物の異常さがきちんと認識出来るようになったらしい。

まったく、今までこんなしょっぱいものを美味い美味いといって食っていたのだから笑える。

私は妻に入院中に言われたことをすべて話して、これからはちゃんとした料理を二人で作ろうと提案した。

取り敢えずあの塩分の塊は処理しておこう。


ああ、それと。

妻も病院に連れていって検査してもらった方が良さそうだ。
総合点:3票  トリック:1票  伏線・洗練さ:1票  言葉遊び:1票  

最初最後
ジャンル名前表示コメント日付
トリック部門からす山
投票一覧

【ネタバレ】コメントを見る

「「好きな味であった」という部分に大きなトリックがあります。解説を読んでもすぐには分からなそうな、難易度の高いトリックです。」
2017年09月16日14時
伏線・洗練さ部門低空飛行便
投票一覧

【ネタバレ】コメントを見る

「「『久しぶりに』家に帰ってきた」「好きな味で『あった』」に込められた意味を正しく読み解くと現れる真相……!」
2017年01月02日23時
言葉遊び部門ゴトーレーベル
投票一覧
「言葉で描かれた騙し絵。隠されたものに気が付いた後は、なぜ気づかなかったのかすらわからなくなってしまう。「言葉遊び部門」に入れるが、これはもはや「遊び」と言うより「言葉のアート」である。名作。」2017年02月25日20時

最初最後