。 ようこそ、ウミガメのスープ出題サイト『ラテシン』へ

先生! なに言ってるかわかりません!(問題ページ

メコは学期中、授業の半分があまり理解できなかった。
しかし学期末のカメコの成績評価は非常に良いものだった。
なぜ授業の半分の理解が浅かったのにもかかわらず、カメコは良い成績だったのだろう?
16年04月28日 21:53
【ウミガメのスープ】 [希少種佐藤]



解説を見る

疎が進んだウミガメ島。
島の小学校は児童が少なく、2学年ずつが同じクラスで学ぶ複式学級です。
クラスの人数は2人だけ。カメコは小学3年生。クラスのもう一人、カメオは小学4年生。
そのため、先生の教える授業の半分はカメコがあまりわからない(そしてまだ知る必要のない)4年生の授業で、カメコの自習時間です。
3年生の授業でわからないところは、先生はもちろん、1学年上のカメオもやさしく教えてくれます。
4年生の内容である授業の半分はあまり理解できなくても、3年生としてカメコはとても優秀な成績の児童なのでした。
総合点:2票  チャーム:1票  納得感:1票  

最初最後
ジャンル名前表示コメント日付
チャーム部門kinnsada
投票一覧
「半分というところがミソですね。そんなことあるの?と興味を引き立てられます。」2016年07月15日15時
納得感部門tsuna
投票一覧
「目の付け所が素晴らしいです」2016年05月05日04時

最初最後