。 ようこそ、ウミガメのスープ出題サイト『ラテシン』へ ゲスト さん
 ログイン 新規登録

第三次打ち上げ戦争(問題ページ

後7時ちょうど。突然、カメオの携帯電話が鳴り響いた。

電話の主はカメヒコ。友達みんなに優しい、クラスの人気者だ。

その日はわが校の学園祭、最終日であった。・・・といっても、カメオにはあまり関係は無い。
ここ最近、いわゆる悪質な「いじめ」が原因で、カメオは学校に行っていなかったからだ。

カメヒコの電話は、そんなカメオを気にかけた、学園祭の打ち上げへのお誘いだった。

『駅前のファミレス「ラテシン」で、クラスの全員がカメオくんのことを待ってるよ。』

そんな優しい言葉を残して、カメヒコは電話を切った。

しかし、カメヒコが7時ちょうどにカメオに電話してしまったがために、
その日の打ち上げは大惨事となってしまった。
一体どういうこと?
14年06月01日 15:18
【ウミガメのスープ】【批評OK】 [ruxyo]



解説を見る

残酷な描写がありますので、注意してください。








長い解説

僕は、昔っから気が弱く、よくいじめられていた。
高校でのいじめは、初めは机への落書きから始まったっけ。

それがだんだんとエスカレートしていって、
今では金銭を要求されたり、訳もなく殴られたり、犯罪行為を無理強いさせられたりしていた。

いじめグループのリーダーであるカメオは、僕をいじめている現場を教師に見つかって、
2週間の停学処分を受けたらしい。学園祭に参加できなくてとても悔しそうだった。
僕はそれを見て、ざまあみろ。って思ったもんさ。

でも、当然ながらそんなんじゃ僕の怒りはおさまらない。
だから僕は、この記念すべき学園祭の日に、僕をいじめた奴らに復讐することにしたんだ。

・・・
僕は家にあった包丁を懐に入れ、家を出た。
そして、まずは主犯であるカメオの家に向かった。

・・・カメオの殺害は、それはそれはあっけないものだった。

腹を一回刺しただけで、力では敵わなかったあのカメオが

「やめてくれ!助けてくれ!」

と泣いて懇願する。

それに対して僕は

「僕がそう言って、君はやめてくれたことがあったかい?」

と言って包丁を振り下ろす。たったそれだけのこと。

・・・それが、午後7時ちょうどのこと。

僕はすぐに現場から立ち去ろうとしたが、後ろのほうで突然、カメオの携帯が鳴り響いた。
カメヒコからの着信だ。

カメオが電話に出ず、返信もしなければ怪しまれるかもしれない・・・。
僕は、カメオの死体のポケットをまさぐると、カメオのフリをしてその電話に出た。

カメヒコは、カメオを打ち上げに誘う旨を伝えたあと、

『駅前のファミレス「ラテシン」で、クラスの全員がカメオくんのことを待ってるよ。』

と言って電話を切った。

・・・
初めから僕は知ってたんだ。

クラスのみんなも、いじめられてる僕を見て一緒に笑っていたこと。
カメオが僕から奪ったお金で、みんなでカラオケに行ったりしてたこと。

・・・カメオのいじめに、みんなが協力していたこと。

でも、それはきっとカメオからのいじめが怖くて、仕方なくやってることだと思ってた。
だから、 殺すことにほんのすこし、抵抗を感じてはいたんだけど。

でも、そうじゃなかったんだね。

どうして僕にだけ、打ち上げがあるなんて教えてくれなかったのだろう。
どうして僕のいない打ち上げを「クラス全員」なんて言うんだろう。
どうしてこんなクズに対して、優しい言葉をかけるのだろう。

・・・そんな思考が頭のなかをぐるぐるして、涙が止まらなかった。

・・・
そして、
気が付くと僕は、 血だらけの包丁を右手に握りしめて、ファミレス「ラテシン」の入り口に立っていた。



僕をいじめた奴は『全員』、絶対に許さないんだから。


・・・その日の打ち上げは、大惨事となった・・・。


短い解説
カメオはいじめの主導者。学校に来ないのは、いじめが原因で停学処分を受けていたから。
僕はクラス全員からいじめを受けており、この日復讐する計画を立てていた。
電話に出たのは、カメオを殺したあとの僕。
カメヒコが打ち上げの場所を僕に教えてしまったがために、僕が打ち上げにやってくる。
そして僕の手には、カメオを殺した包丁がぎらりと光っていた・・・。

もしも、僕が来る前に電話していれば、携帯にはロックが掛かり、僕は電話に出られなかっただろうし、
僕がカメオの家を去った後に電話していれば、
殺される前に打ち上げぐらいは楽しく終えられたかもしれない。
総合点:3票  トリック:1票  物語:2票  

最初最後
ジャンル名前表示コメント日付
トリック部門手弁当
投票一覧
「叙述トリックとドラマがうまく噛み合って予想以上の効果を上げています。」2016年01月10日16時
物語部門春雨
投票一覧
「「言葉」からの物語の広がりが凄い。」2015年08月13日00時
物語部門プエルトリコ野郎
投票一覧
「この救いようの無い感じがたまりませんねー」2015年04月28日19時

最初最後