ウミガメのスープ鯖のマストドン『Latedon』登場!

マストドンって?→一言で言うとジャンル分けされたTwitterです。登録した全員のタイムラインが見れる特徴があります。詳しくはググろう!
ようこそゲストさん ログイン 新規登録 問い合わせ

「ピリ辛女子大生」

[ruxyo] 2014年03月14日20時05分
遅く。中々眠れなかった私(仮にMと名乗る)の部屋に訪問者がやって来た。

「こんな遅くにごめんなさい!実は、晩御飯を作りすぎちゃって・・・。」
そう言って土鍋を差し出してきたのは隣の部屋に一人暮らしする女子大生、R。
実にワガママなボディの持ち主である。

「ドゥフッ、フヒヒ、ああ、はいはい。ちなみに、何鍋作ったの?」
私は鼻をヒクヒクさせながらそのボディをガン見して、平静を装いながら尋ねる。

「えへへー、実はMさんの大好きなキムチ鍋作ったんですよ☆」
Rはそう言って屈託の無い笑顔を見せる。超かわいい。

「やっぱりね。道理でいい匂いがすると思ったよ。」
私は鍋を受け取ると、Rに軽蔑の眼差しを向けた。

一体どういうこと?



この問題ページに行く

解説を見る

いな・・・一体いつまで晩飯を食っているんだ?

Rが最初にやってきたのは夕方頃。
晩飯に使う土鍋が壊れてしまったので、ウチにある土鍋を貸して欲しい。との事だった。

R曰く、
「ご飯食べたらすぐに返しに来るから」
との事だったので、Rが来るまで眠るわけにもいかず、こうして待っているのだ。

・・・
ピンポーン。

11時半頃、ようやくRが土鍋を返しに来た。
晩飯を作りすぎたのでその処理に時間がかかってしまい、こんな遅い時間になってしまったらしい。
ちなみに彼女はウチにお裾分けに来たわけでは無い。なんでだよ。

差し出された土鍋は強烈なキムチの匂いを発していた。辛そうな匂いに思わず鼻がヒクヒクする。
なんと、Rは私から借りた土鍋を『洗わずに』返しに来たのだった。

借りたものは洗って返す。こんなの常識的な事じゃないのか?どんな教育受けてんだ!
私はRの余りの無神経ぶりに怒りを通り越して呆れてしまった。

私は鍋を受け取ると、Rに軽蔑の眼差しを向けながら、こう皮肉を言ってやったのだった。

「やっぱりね。道理で"いいニオイ"がすると思ったよ。」



登場人物
私(M)・・・どMである。

R・・・女子大生。化け物クラスの超巨乳である。(Rカップ)
総合点:2票  トリック:1票  斬新さ:1票  

最初最後
トリック部門かもめの水平さん
投票一覧
「一言一言が、序列次第でこうも変わるのはお見事です」2016年10月22日18時
斬新さ部門なさ
投票一覧
「真相が分かってから問題文を読むと、見方が180°変わる面白い問題です」2014年11月28日17時

最初最後