ウミガメのスープ 本家『ラテシン』 
いらっしゃいませ。ゲスト様 ログイン 新規登録
項目についての説明はラテシンwiki

とうとう(問題ページ

タルが遊びに来たのがいつだったか、ほとんどの日付はわかるのだが、
最後に来た日付だけがわからなかったため、ゴンゾウは微笑んだ。
どういうことだろうか?
15年07月10日 14:00
【ウミガメのスープ】【批評OK】 [牛削り]



解説を見る
なあ、ワタルが遊びに来たのって何日だったかな?」
ゴンゾウは妻に尋ねた。
「あれは6月の……ええと、私も忘れましたよ。廊下の柱を見てみればいいでしょう」
「ああそうか」

孫のワタルは、一年に一度だけ遊びにくる。
そして父親と一緒に廊下の柱に傷をつけて、身長の伸び具合を記録しているのである。

ゴンゾウは柱を眺める。

2003年5月6日 柱の傷はゴンゾウの膝くらいだ。
2006年5月8日 腰のあたり。
2009年6月1日 胸のあたり。
2012年5月5日 ゴンゾウの目線と同じ位置。
2014年6月8日 ついにゴンゾウの身長を超えた。

そして2015年……。

その傷はかなり高いところにあり、背伸びしても読み取れなかった。



ワタルももう15歳か……。
大きくなったなあ。

ゴンゾウは傷を見にきた目的も忘れ、一人しみじみと微笑んだ。



【要約解説】
孫のワタルが遊びにきた日付は、来る度に柱につけている身長の伸び具合の記録を見ればわかる。
しかし最後に来た日だけは、ゴンゾウからは見えないほど高い位置に記録されていたため、孫の成長を思って微笑んだのである。
総合点:3票  納得感:1票  トリック:1票  物語:1票  


最初最後
納得感部門からす山
投票一覧
「わからなくて、幸せですね。立場は全然違うのに共感、納得したのです。」
2017年10月25日21時
トリック部門のりっこ。
投票一覧
「まさに水平思考問題。構成が巧みです。」
2015年07月10日15時
物語部門からす山
投票一覧
ネタバレコメントを見る
「年月の詰まった、噛み締められるような物語。ノスタルジックな匂いを感じます。素敵。」
2017年10月25日21時

最初最後