ウミガメのスープ 本家『ラテシン』 
いらっしゃいませ。ゲスト様 ログイン 新規登録

【ウミガメバトンリレー】 コントローラーも関係も絡まると嫌だ

「ぴょーん!秘密基地行こう!」



少女は大声で、数メートル先にいた少年に手を振った。

しかし彼は誰かに操られているかのように、ふらふらとした足取りで秘密基地とは反対の方向へいってしまった。



(なんだよあいつ!)



結局少女は一人で、野原にある秘密基地に向かった。



その結果、コントローラーを手にしたまま、涙を流すことになってしまうとも知らず。



状況を補完してください。





#red#【この問題は、Taka,こいる,植野の三名がスープパートナーとなり、「問題文」と「解説文」の作者をそれぞれ入れ替えて担当するという試みです。こちらの趣旨として、「すっこけ三人組」を問題テーマ、「秘密基地」「野原」「遠隔操作(広義)」の三つを問題文KWとして使っています。

 普段とテイストの違うウミガメのスープをお楽しみください。】#/red#
12年10月23日 22:17 [植野] [良質問]
【ウミガメ】

第二走者 解説担当:こいるさん

すっこけ三人組
No.1[stella]10月23日 22:2010月23日 22:22

とりあえずRPGますか?

NOw

No.2[キャベツ]10月23日 22:2210月23日 22:23

地球を一周して秘密基地へ行くつもりですか?

斬新な発想だけどNO。

No.3[stella]10月23日 22:2410月23日 22:25

参加してます。テレビのリモートコントローラーですか? [編集済]

NO! [良い質問]

No.4[キャベツ]10月23日 22:2610月23日 22:28

人が死にますか?

YES 死者は登場します。

No.5[stella]10月23日 22:2910月23日 22:31

コントローラを手にしてる人と少年・少女は別人ですか?

NO! 少年、少女が手にしています。 しかし。 [良い質問]

No.6[Ratter]10月23日 22:2910月23日 22:31

登場人物は3名ですか?

NO! 重要な登場人物は4人います。 [良い質問]

No.7[キャベツ]10月23日 22:3010月23日 22:32

現実世界では、このような状況になることはありますか?

YES/NO 可能性は、あるかもしれません。

No.8[タンク]10月23日 22:3310月23日 22:36

コントローラーは秘密基地に入るために必要ですか?

YES! 秘密基地の開閉スイッチです! [編集済] [良い質問]

No.9[キャベツ]10月23日 22:3410月23日 22:37

涙を流したのは秘密基地の中ですか?

YES 重要です。 [良い質問]

No.10[なすび]10月23日 22:3410月23日 22:37

ゲームますか?

NO

No.11[コウCHA]10月23日 22:3510月23日 22:37

少女はテレビ見てますか? [編集済]

NO

No.12[(棒)]10月23日 22:3610月23日 22:38

コントローラは一つでは機能しませんか?

NO 8の通りの機能なので、単体で使用できます。

No.13[キャベツ]10月23日 22:3810月23日 22:39

秘密基地の中で人が死にましたか?

NO

No.14[コウCHA]10月23日 22:3810月23日 22:39

少女は秘密基地から出られなくなってしまいましたか?

YES!! ただしミスリード注意。 [良い質問]

No.15[Ratter]10月23日 22:3910月23日 22:41

登場人物は 3人組+死者 ですか?

NO 重要な登場人物は、この問題ではすべて存命です。

No.16[キャベツ]10月23日 22:4110月23日 22:43

涙を流した原因に、玉ねぎは関係しますか?

玉ねぎも包丁も冷やしとくと、涙出ないんだって。

No.17[stella]10月23日 22:4210月23日 22:47

秘密基地の中に誰かいましたか?

YES!! 大勢の人がいました! [良い質問]

No.18[タンク]10月23日 22:4210月23日 22:43

彼は実際に操られていましたか?

NO

No.19[コウCHA]10月23日 22:4310月23日 22:44

この話で出てくるコントローラーは1つですか?

YES

No.20[stella]10月23日 22:4410月23日 22:47

大勢の人から目つぶしを食らってしまった哀れな少女はいますか?

ぎゃー。 ( ◡ *)

No.21[キャベツ]10月23日 22:4410月23日 22:47

涙を流した原因は、悲しかったからですか?

YES ただ、悲しさばかりではなかったようです。

No.22[(棒)]10月23日 22:4410月23日 22:48

秘密基地に入ることができたのは、少年少女たち三人だけですか?

NO! 17参照です。 [編集済]

No.23[Ratter]10月23日 22:4610月23日 22:51

死者はゾンビですか?

NO ฅ( •Д • ฅ)"

No.24[コウCHA]10月23日 22:4810月23日 22:51

コントローラーは最終的に壊れてしまいますか?

NO

No.25[Ratter]10月23日 22:5110月23日 22:52

ぶっちゃけ、コントローラ 重要ですか?

YES コントローラーの役割は非常に重要です。

No.26[(棒)]10月23日 22:5210月23日 22:54

泣いたのは少女ですか?

YES! ただし、「少女」一人だけではありません。

No.27[コウCHA]10月23日 22:5310月23日 22:55

コントローラー操作を誤り、誰かがドアに挟まれてしまいましたか?

NO  [扉](・◡・;[扉]" ギチギチ

No.28[(棒)]10月23日 22:5510月23日 22:58

少女は、自分たちの秘密基地に到着しましたか?

YES! ただし、この質問には少々誤解があるようです。 [良い質問]

No.29[キャベツ]10月23日 22:5810月23日 22:59

少女が、秘密基地へ行ったとき、秘密基地内で大きな変化が起こっていますか?

NO

No.30[stella]10月23日 22:5810月23日 22:59

秘密基地は核シェルターですか?

YES!! 「基地」は核シェルターを指しています! [良い質問]

No.31[コウCHA]10月23日 23:0010月23日 23:01

少年が「秘密基地とは反対の方向へいってしまった」のは、その秘密基地に何か異常が発生したからですか?

NO! 異常は発生しなかったのですが。

No.32[Ratter]10月23日 23:0110月23日 23:03

3人組のうち、1人は敵対していますか?

NO 三人組はみんななかよしです。

No.33[(棒)]10月23日 23:0310月23日 23:03

少女と沢山の人は核シェルターに避難していますか?

YES!! [良い質問]

No.34[(棒)]10月23日 23:0410月23日 23:07

世界は核の炎に包まれましたか?

YES そんな世界観です。秘孔は重要ではありません。

No.35[なすび]10月23日 23:0510月23日 23:09

みんなのためにシェルターを閉じねばならず、少年との別れに涙しましたか?

YES!! 解説にまいります(・◡・*) [正解]

No.36[キャベツ]10月23日 23:0510月23日 23:09

ぴょんには、何か重要な目的がありますか?

YES 正解はwebで。 [良い質問]

No.37[コウCHA]10月23日 23:0610月23日 23:09

まさか、「秘密基地とは反対の方向へいってしまった」のは、トキ!!?

心やさしいぴょんくんですが、トキでもいいです。

No.38[Ratter]10月23日 23:0610月23日 23:09

3人組のうちの少女以外の二人は 別のシェルターに避難していますか?

NO!

No.39[コウCHA]10月23日 23:0710月23日 23:09

コントローラーは、シェルターの外でなければ起動できない仕様ですか?

NO

No.40[(棒)]10月23日 23:0810月23日 23:11

少年は自称天才の手によって木偶にされていましたか?

秘孔は重要ではありませんでしたw

No.41[キャベツ]10月23日 23:1010月23日 23:11

少女のモデルとなった人はいますか?

わ た し で す

自国に核爆弾が落とされる。・・敗戦濃厚なこの国に広まった情報は国民の心に恐怖をもたらした。

この事態に国が所有していたいくつかのシェルターが解放された。

にゃんの町にもシェルターは解放され、すでに身寄りを失ったにゃんは親友のぴょんとたんとシェルターに逃げることに決めた。

にゃんが二人を捜しつつシェルターに急ぐと、崩れたビルの向こうにぴょんの後ろ姿が見えた。





「ぴょーん!秘密基地行こう!」



この状況下で少しでも恐怖に飲まれないためににゃんは敢えていつもの調子でぴょんに声をかけた。

しかし、ぴょんは一度だけこちらを振り返ると足場が悪いのかふらふらとその場から去っていった。



(なんだよあいつ!)



にゃんはぴょんの態度に憤りを感じ、とりあえず先にたんを探すことにした。



たんは逃げ足が速いから先にシェルターに行ってるなと思ったにゃんは、

ぴょんには後で文句を言うことにして一先ずシェルターに急ぐことにした。





にゃんがシェルターに着くと既に多くの人が避難していた。

「そこの君、君もこのシェルターに来たのかい?ならここに名前を書いて。運がよかったね君でここはもう満員だよ」



にゃんを見かけた国の役人らしき人物から名前のリストを渡され名前を書くように言われた。恐らく避難者の管理に使われるであろうそのリストに見慣れた名前を見つけた。

「なんだ、ぴょんもたんも先に来てたのか。見つけたら文句言いにいってやる!」



にゃんは毒づきながらもぴょんとたんが満員になる前に無事にシェルターに着いてる事に安堵した。



「にゃーん!こっち!」



少しして扉の付近から聞きなれた声が聞こえた。



「たん!よかったー、先に来てたんだね!無事だった?」



「うん、僕は無事だったよ。でもぴょんは・・・」





そこからたんが語ったことはにゃんの心を大きく揺り動かした。



ぴょんが戦争でにゃんと同じように家族を無くしていた事、戦争の影響で視力を殆ど失っていたこと。聴力もかなり弱っていたこと。



「そんな・・それでぴょんは今どこ!?」



「それが、さっきまで一緒にいたんだけど少し目を離した間に見失ったんだ。シェルターにいると思うんだけどなかなか見つからないんだよ」





「・・・たん、急いでシェルターの扉に行こう!」



「えっ?わかった!」









二人はぴょんの名前を呼びながらシェルターの入り口に急いだ。





「すみません!ぴょんっていう男の子知りませんか?」





にゃんはシェルターの入り口にいた国の役人に尋ねた。





「ぴょん?ああ、その少年ならさっきシェルターへの避難を辞退したよ」



国の役人がリストの名前を確認しつつそう言った。





「・・え?今なんて言ったの?」



役人の言葉がとても信じられなかったにゃんは役人を問い詰めた。



「だからシェルターへの避難を辞退した、と言ったんだよ」



「まさか・・ぴょんは家族と死別して絶望したんじゃ・・」



「たん!ぴょんはそんなやつじゃないよ!」





にゃんは不吉なことを言うたんを叱りつけた。「確かに」二人のやりとりを見ていた役人が不意にこう言った。







「確かに強い子だった、彼は君のために自らシェルターを出ていったんだよ。本来なら君が来る前にシェルターは満員になってた。」







にゃんはあまりの衝撃に何も言えなくなった。戦争で視力を失い聴力を失ってもなお・・自分を救ってくれたぴょん。

思えば声をかけた時にふらふらしてたのは視力が弱まっていたからで無視した訳じゃないのだ。



「私も・・今からシェルターから出ます!ぴょんを探しに行かせてください!」



「僕が行く!僕がぴょんを注意深く見ていれば・・!」





にゃんとたんはそれぞれぴょんを見過ごした自分に腹が立ち、自らぴょんを探して無理やりにでも避難させようと思った。







「さっきも言ったがここはもう満員なんだ。それに、もう国の上空に核を積んだ飛行機が見かけられたらしい。

ここも閉めなきゃならない。厳しいようだが君たちだけの為に何千何万の命を危険にさらすわけにはいかない」





でも!・・とたんが言おうとするのを遮って国の役人は話を続けた。





「さっき、この辺に携帯が落ちていたそうだ。恐らくぴょん君のだろう。これを見てみるといい」





役人から渡された携帯に表示された画面を見るとそこにはこう書いてあった。





『にゃん、たん、俺はこのシェルターから出ていく。だけど死ぬつもりはない、だからお前達も生きてその眼で、

耳でちゃんと未来を見て俺に伝えてくれ』





にゃんは涙を流し崩れ落ちたが、すぐに立ち上がると役人に言った。



「・・・私に、私たちにこのシェルターのドアを閉めさせてくれませんか?」



役人はその言葉を聞くとシェルターのドアを管理しているコントローラーをにゃんに持たせた。



「もう、防護壁の準備はできている。後はこのボタンを押すだけだ」



にゃんとたんは役人にお礼を言うと一緒にコントローラーのスイッチに手をかける。二人ともまだ涙は流したままだが覚悟を決めた顔つきになった。



「たん、いつまでも泣いてないでぴょんに『またね』って言おう」



「にゃんこそ顔がぐしゃぐしゃだよ。そんなんじゃぴょんにすぐ馬鹿にされちゃうよ」





二人は泣きながら笑い合うと、扉の前で大きく息をすった。





「「ぴょーん!また一緒に遊ぼう!だからちゃんと生きてね!」」







二人は大声で叫びきると、そのままコントローラーのボタンを押しドアを閉めた。





またいつの日か親友の声が聞けるのを信じて。

12年10月23日 22:17 [植野] [良質問]
相談チャットです。この問題に関する事を書き込みましょう。
yan[★300問出題]>>ラストはせつないですねぇ… そして、扉を開けると、白髪になったぴょんの姿が…! トキー! 乙でしたー![12日23時02分]
yan[★300問出題]>>遅れましたが感想を! 下に書いたとおり、面白い試みですね 「三題噺」の変則というか 「秘密基地」が本当の意味の秘密基地とは! この設定なら「野原」は焼け野原、とかでもよかったかも? [12日23時00分]
yan[★300問出題]>>面白い試みですよねぇ 告知見て参加したいと思ってたけど時間がなかった 宗克あたり感想書きに来ます[25日00時51分]
なさ[●オセロ王○]>>こちらもTakaさんに負けず劣らずの先入観問題ですね。問題文からは想像できない壮大な解説、ギャップ萌えとはよくできた言葉です。コントローラーと表現したのが上手い。不自然さが存在感を際立たせてていて、いいとっかかりになっていたと思います。[24日01時03分]
植野[良質問]>>解説に関して色々とお言葉を頂いて恐縮です。が、それはそっくりこいるさんにお渡ししておきます◎ この問題の解説はこいるさんにつけて頂きました!有難う御座いましたー![24日00時44分]
コウCHA[★★生きた化石]>>凄く壮大ですね。。。解説もあっという間に見終わった。。。植野さん出題お疲れ様でした!そしてなすびさんFAおめです![23日23時22分]
キャベツ>>植野さん、とても力の入った解説お疲れさまでした。なすびさん、おめでとうございました。[23日23時18分]
植野[良質問]>>参加して下さった皆さん、有難う御座いました!良質連発の方がたくさんいらっしゃって楽しかったです。FAのなすびさんおめでとうございました! 次のこいるさんでラストです。ゆっくりしていってね。[23日23時17分]
(棒)>>出題お疲れ様でした。面白かったです。ぴょんには、シェルターの外で生き残っていてもらいたいですね。世紀末救世主的な人間として。[23日23時17分]
Ratter[★ホワイトハット]>>こ・・これは難問だ なすびさんお見事![23日23時16分]
(棒)>>「自分たちの」を強調しておけばよかったかなぁ[23日23時01分]
植野[良質問]>>(棒)さん、なすびさん、コウCHAさん、参加有難う御座います(・◡・*) 楽しんで頂けると幸いですー![23日22時38分]
コウCHA[★★生きた化石]>>参加します。存分に楽しみます![23日22時35分]
なすび>>参加します[23日22時34分]
植野[良質問]>>Ratterさん、タンクさん、参加有難う御座います(・◡・*)[23日22時29分]
(棒)>>参加します。よろしくお願いします。[23日22時29分]
タンク[★ラテ・ヘイヘ]>>参加します[23日22時28分]
Ratter[★ホワイトハット]>>参加します(o*。_。)oペコッ[23日22時27分]
植野[良質問]>>stellaさん、キャベツさん、参加有難う御座います。バトンリレー二走者目です。宜しくお願いします◎[23日22時25分]
キャベツ>>参加します。[23日22時21分]
ゲストの方は発言できません、ログインまたは登録してください。
Goodスープ認定
「Goodスープ認定」はスープ全体の質の評価として良いものだった場合に押してください。(進行は評価に含まれません)
ブックマークシステムと基本構造は同じですが、ブックマークは「基準が自由」なのに対しGoodは「基準が決められている」と認識してください。