「アルカーノの街」の世界観  

profile_latethin_1.jpg

アルカーノ  

人口5000人ほどの小都市。気候は四季が分かれており、海に面していて漁業が盛んである。
名物は「アホウドリのスープ」。


謎の館「ラテシン」  

不思議な現象が起こる街「アルカーノ」のどこかにひっそりと佇んでいる。

その館の正体は、世界中の謎を収集するコレクター達が集う場所。
その「収集家」と呼ばれるコレクター達は、
不思議な世界で生まれ出る謎を自ら解き明かすことで収集し、ここに保管している。

館の主は「スープの男」と呼ばれる男。
極上の謎をスープと呼び、常に館のどこからか訪問者を見守り、
数々の腕利きコレクター達によって集められた尽きる事の無い謎を全て管理している。

「ラテシン」は普通の人が見つけることはできない。  

何故か? それは、この街「アルカーノ」の中で起こる事件を解決した者でなければ見つけることはできないからだ。
 立ち入る方法はただ一つ。「ラテシン」への「案内人」であるシンディによって館を目指そうとする者に謎が与えられ、それを解き明かした者のみ資格を得て館へ招かれる。
つまり、「案内人」のテストに合格した者のみが、「ラテシン」を見つけることができるのだ。

「ラテシン」に集められる謎。  

収集家たちは、彼らの中で「ニューカム」と呼ばれているラテシンに住む妖精によって
都度知らされる謎の発生に誘われて、「ラテシン」内の扉から、その舞台へと向かって行く。

そこは、あらゆる可能性を秘めた世界。

どこでもあり、どこでもない世界・・・
いつでもあり、いつでもない世界・・・
現在であり、過去であり、未来であり・・・
そしてまた、現実でもあり、仮想でもあり、虚構でもある。
生命と思考の全てを内包する、神秘な世界に漂う『謎』の舞台へと。

そして『謎』は、コレクター達によって収集され「ラテシン」に納められる。
しかし『謎』によっては、その余りにも強いエネルギーが「ラテシン」から漏れ出すこともあり、
その結果「ラテシン」のある街「アルカーノ」では、
その干渉によってしばしば不可思議な出来事に見舞われることがあるのだという。

そして今日も、また新たな謎が解き明かされ、館の主の元へ届けられる。

要約  

ラテシンの館の説明:一言で言うと世界各地(異世界含む)から、謎を収集し保管するコレクター「スープの男」の住む館。
ラテシンの館から異世界へ行く事ができるため、例えばゾンビのいる世界やファンタジーの世界にも行くことができる。
なので彼らのストーリーの舞台はどこでも可という事になる。
その場合、そこにいる目的はその世界での謎を集めるというものである。

arcano.jpg

収集家たちの情報  


「ラテシン」に招かれたコレクターと呼ばれる収集家には、
「ラテシン」に住む妖精「ニューカム」によって、謎の場所が知らされる。
それにより、「ラテシン」内の扉が、館の主「スープの男」の力によって、不可思議な世界と繋がり、
収集家達は、その謎を解き明かしに赴くことになる。

「ニューカム」は謎の発生元を察知する能力に長けている妖精なので、
過去に謎を持ち帰ったことのある世界ならば、資料室にてその「異世界の常識」が記録される。
「収集家」達は扉を通る際、その「異世界の常識」を資料室にて事前に調べておく必要がある。
初めて訪れる全く未知の世界については、「収集家」達は、その「異世界の常識」を取り入れる事から模索しなければならない。

謎が解き明かされ、収集家がその謎を持ち帰ったのち。
扉は再び静寂を取り戻し、扉を開けたとしても、そこには「ラテシン」の壁が佇むのみ。
次なる「ニューカム」の呼びかけまで、扉は沈黙を保つのだ。

さて、「ニューカム」の報せで収集家たちが扉を開けたその先は、ある一軒家の扉に繋がっている。
そこは、所有者もなく、予め、謎が生まれた世界とリンクする為に作られた家。
普段のその一軒家は、何もないただの空き部屋だが、
「ニューカム」の呼びかけに呼応した時、そこは異世界の「ラテシン」となる。
扉には、特殊な施錠がされており、勝手に一軒家の方から「ラテシン」へ入ることはできない。
万が一の場合、例えば、何らかの理由で家が破壊されたり、消滅したりした場合の危険に備え、
謎の解明に臨む収集家たちのために、「ラテシン」と直接繋がれる非常用の折り畳み式の脱出用扉を
一人一人に携帯させている。

「ニューカム」が「ラテシン」に生まれる以前、元々は、「ラテシン」は色々な世界に滞在して、
謎を見つけ出していたが、謎の察知能力に優れた「ニューカム」の誕生により
「アルカーノ」に居ながらにして謎の発生を知ることができるようになった。

過去・未来・パラレル・仮想・虚構・・・あらゆる世界を一度は収集家の中の誰かが踏み込んではいるが、
極めて小さな確率だが、これまでにまだ誰も訪れたことのない世界が存在する可能性もある。
何が起こるかわからない、全く未知の世界・・・。
それでも謎を解きに、収集家たちはその扉を開くだろう。


添付ファイル: fileprofile_latethin_1.jpg 41件 [詳細] filearcano.jpg 50件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-08 (土) 12:15:50 (134d)