目次  

亀夫君問題とは?  

出題者が物語の中の登場人物になり、参加者の質問or指示で物語を進めていく問題形式です。

登場人物の悩み事を一緒に解決する、登場人物自身も知らないような謎の真相に一緒に迫る、といったストーリーが典型的です。

出題者=物語の登場人物なので、その人物が知らない事は出題者も回答できません。
そのため「~は重要ですか?」などの質問は、出題者には答えられません。
その代わり、参加者はYes/Noで答えられない質問をする事ができ、
さらにその人物に指示して情報を集めさせること(~について調べてくれる?等)や
何かしらの行動をさせること(そこにある~を手に取ってくれる?等)が可能です。
しかし、その人物にできないことを指示することは不可能です(普通の人間に幅100mの崖を飛び越えろ、等)。

その人物の目的を達成する事ができたら終了です。

出題資格  

総出題数10問で、出題の入力確認フォームのジャンルに「亀夫君問題」が追加され、出題することが可能になります。

出題時の注意点  

まず初めに、亀夫君問題はTRPG*1ではありません。
そして、通常のTRPGは水平思考を用いないのでラテシンでは不適切な問題となります。

亀夫君問題の複雑さについて  

亀夫君問題は物語の登場人物にYes/Noで答えられない質問ができ、そして行動を指示することもできます。
一見自由度が高そうですが、その分できそうなことの幅が広がるので「何をすればいいかわからない状態」に陥りがちです。
そして、物語の登場人物はすべての情報を知っているわけではないので、情報収集をすることが「嘘をつくこと」よりも困難になります。

以上の点から、亀夫君問題は「ウミガメのスープ」「20の扉」より遙かに複雑な問題形式となっています。
(進行する点においても、出題者には様々なスキルが要求されます。上手な進行の仕方も参照してください)

その「複雑な問題形式」で、「複雑な問題」を作るなら、複雑×複雑となりかなりややこしくなることが分かります。
そのような問題は多くの人に敬遠されてしまいます。
複雑な問題形式ならば、ウミガメのようにシンプルな問題にしたほうがいいでしょう。

シンプルな問題とはどんなものか?  

面白いかどうかを別にしてシンプルな問題というのは、解くべき謎の目的がはっきりしていてゴールが見えている問題です。
(これはウミガメのスープでも言えることです)

亀夫君問題を作った時に確認してもらいたいこと  

亀夫君問題を作った時に確認してもらいたいことは、以下の点です。
「この問題はシンプルか(パッと見の印象)」
「解くべき謎がはっきりしているか」
「その謎は興味の引くものか」
「別解答が容易に想像できないか」
「解説は誰もが納得のいくものか」

頼むだけの問題では謎もありませんし、興味の引くものでもありません。
謎が複数あるものは、シンプルでないし、解くべき謎もはっきりしていません。
解説は一つでないと、意欲が下がるかもしれません。
決して自己満足で終わらないようにしましょう。

第三者に見てもらうことで、問題の質を向上することもできます。
スープパートナーを頼むのも問題の質向上の手の一つです。

亀夫君問題の魅力とは?  

亀夫君問題の特徴は、出題者演じる登場人物が全体を知らない、もしくはわざと隠している所にあります。
登場人物の物語世界の謎を探り、登場人物と同じ視点で一緒に謎を解き明かしていく。
これが亀夫君問題の魅力です。

「亀夫君問題」は、うかつに手を出さないほうが良い。  

20の扉と違い、このジャンルは魅力を作ることができます。
ある程度の参加者も見込めると思います。
ですが、このジャンルの恐ろしさを知らずに出題した場合、質問が止まります。
その恐ろしさというのは、中盤に訪れる下記の点です。

  1. 解くべき謎が沢山できてしまい、何から手をつければいいのかわからない。
  2. 設定が複雑すぎて、どんな質問・行動指示をすればよいかわからない。
  3. そもそも今どういう状況なのかまったくわからない。

なぜこういう事がおこるのでしょうか?
「設定がシンプルでない」「シミュレーションをしていない」「誘導していない」などの点があげられます。
何らかの対策、準備をしていない場合、進行はグダグダになります。

まずは「ウミガメのスープ」を出題し進行に慣れましょう。
重視すべきなのは問題の難易度ではなく、参加者にとっての解きやすさです。

←「20の扉」 「新ジャンル」→

コメント  

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 亀男君問題って間違えちゃう時ありますよね -- 耳たぶ犬? 2015-05-02 (土) 21:29:42
お名前:

*1 テーブルトークRPG。多人数参加型の会話ゲーム。1人の『ゲームマスター』と呼ばれる司会(審判や状況説明や敵役も務める)が用意した架空世界での課題(例:迷宮の最深部に潜む怪物を倒してくれ!)を複数人のプレイヤーがゲームルールに従いながら知恵と運と話し合いで解決していく。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-08 (土) 12:15:48 (77d)