ラテ・ヘイヘ( Late Hayha )  

キャラクター画像  

story2_latena_2.jpg

人物  

アルカーノとは違う世界の住民。  

愛称はラテナ。
出生は不明。年は20代前半と見られる。
元々住んでいた世界は常に複数の戦争が大規模で勃発し、殆どの政府や行政はほぼ壊滅状態となっている。
ラテナは幼い時から戦場で暮らし、傭兵としての腕を上げていった。
中でもスナイプ能力は突出した腕前を見せ、後に「白い死神」へと語りづかれるほどになる。
スナイパーだが白兵戦を好むので、いつもはスナイパーライフルではなくリボルバー式の拳銃を所持している。
彼女のいない元の世界では、忽然と消えた「白い死神」は伝説へと変わっていった。

ラテシンの館で謎を収集する「収集人」として活動するようになったのはその後。
戦争だけでは刺激の足らなくなった彼女が次に興味を持ったのは「謎」であった。
危険度の高い謎案件にラテナのサインがよく書かれている。
シンディとは親友で、よく一緒につるんでいる。

性格  

軽度なサディスト。
挑発したり、罵ったりはよくするが、本心では無い場合が多い。
からかわれたりするのは嫌いなので、ポトフのからかいにいつも本気でキレている。
あまり長時間物を考えるのが好きではなく、突発的に行動したり感性で動いたりする。
身体能力は極めて高く、平均男性の筋力を大きく上回る。
戦場に長くいたせいか、戦いと名のつくものになるとサディズム性が高まる。

雪の多い場所が戦場だったので、白い服をよく好む。
髪は白い
肩にFAというタトゥーがある。
苦手な物はコーヒー。

ナガン  

彼女の服にいるドクロ顔の「ナガン」とよく会話しているがその声は彼女にしか聞こえない。
彼女曰く、口の悪いお調子者といった性格で、いつも悪態をついているらしい。

「スープの男」しか知らない情報  

元々ナガンはラテ・ヘイヘの戦友であった。
ある戦場で友に戦っていた時、ナガンは頭部に銃撃を3発受け死亡する。
ラテナも損傷を負い、ナガンの頭を抱えるようにして意識を失った。
そこから彼女の記憶が無くなる。
ラテシンの館で「収集人」として活動している今ではかなりまるくなった性格になったが、
以前のラテ・ヘイヘは極めて残忍であり、「白い死神」または「災いなす者」と呼ばれ恐れられていた。
その面影は完全に無くなったわけでは無い。

ウミガメのスープ出題サイト『ラテシン』Wiki


添付ファイル: filestory2_latena_2.jpg 82件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-29 (土) 23:39:21 (322d)