ようこそゲストさん ログイン 新規登録 問い合わせ

「【ラテクエ 27】 親愛なる未来の私へ」「55ブックマーク」

[ディダムズ] 2013年02月24日20時40分
ある女が、自分自身に宛てて手紙を書いていた。
簡素な便箋を茶封筒に入れただけの、とてもシンプルな手紙。
この日の内容はその日見た映画の感想だった。
彼女は翌日にも、またその翌日にも自分に手紙を出した。
彼女は記憶障害などではないのだが、とある理由によりたまに自分に手紙を出すのだという。

一体、なぜだろうか?


この問題ページに行く

解説を見る

女は全国を飛び回る凄腕の営業員でした。
普段は各地のホテルなどで過ごしていますが、まとまった休みが取れると、山のふもとの町にある自宅に帰ります。
ところが、冬になると、家の周りの道が雪で埋まってしまい、家にたどり着くのが困難になってしまうのです。
そこで、彼女は、家に帰る前に自分の家に手紙を送るのです。
もちろん、内容はなんでもいいので、メモ代わりだったり、日記だったり、忙しい時には何も書かないこともあります。
これらの手紙を郵送することで、雪道に対応した郵便自動車が家までの道をならしてくれるため、彼女は楽に家にたどり着くことができるのです。

「はい、チーズ。」「54ブックマーク」

[水上] 2013年11月07日22時53分
の構えるカメラに笑顔を向ける妻。

旅行に行くからと言って共通の友人から借りた一眼レフはとても高性能だ。
夫は楽しそうにはしゃぐ妻の姿を沢山フィルムにおさめた。
その時につい力が入ってしまい、シャッターボタンが壊れてしまった。

後日友人にカメラを返しにいき、シャッターボタンを壊してしまった旨を伝えたが友人は怒らなかった。

一体なぜ?


この問題ページに行く

解説を見る

度の土日、泊りがけで登山に行くんだ。またカメラ借りてもいいかな?

今度の土日、夫が泊りがけで登山に行くの。…また会いたいな。

この夫婦の共通の友人である田中はほぼ同時に二通のメールを受け取った。
田中はどちらのメールにもOKの返事を出した。

この夫婦の夫の趣味は登山。妻を残してよく泊りがけで山に登りに行く。
その時に田中から一眼レフのカメラを借りていくのが常だった。

そして夫が出かけていくと妻の方から田中に連絡が入る。

妻は田中と浮気していた。
泊りがけで夫がいなくなると、妻は田中との逢瀬を楽しむのであった。

しかし今回のメールは夫が張った罠。

夫は妻と田中の関係を怪しいと思い嘘をついたのだ。

そして土曜日。

夫はその日登山には出かけた振りをして、妻にばれないように自宅の庭に侵入した。
庭からこっそりと妻の動向を探り、おめかしして出かける妻を尾行した。

オープンカフェで妻を待っていたのは友人の田中。

夫はかなり離れた場所でカメラの望遠機能を使い、二人を観察している。
妻が田中と嬉しそうにはしゃいでいる。その様子を夫はフィルムにおさめた。

途中、夫の方向に笑顔の妻が視線を向けるも、かなりの距離が離れているので妻は全く気づくことはない。
その笑顔に嫉妬と憎悪が溢れ出てしまい、シャッターボタンを押す指に力が入りすぎてしまった。
シャッターボタンが壊れてしまい、それ以上写真が撮れなくなってしまったが、
夫はそれ以降もカメラの望遠機能を使って二人を観察し続けた。

後日、夫は壊れたカメラを返しに田中の家を訪れた。


「君たち二人があまりに仲睦まじくて、嫉妬のあまりついカメラを壊してしまったよ。
カメラには何の罪もないのにね。ゴメンな」

「貴方の命を私に紅?」「54ブックマーク」

[ruxyo] 2014年08月19日19時50分
メオには妙な癖がある。

新しい人と知り合うと、決まってこう尋ねるのだ。

あなたは、赤い色が好きだったりしますか?
「それとも、嫌いですか?」

私ははじめ、カメオのことを『変なやつだなぁ』ぐらいにしか思っていなかったが、
カメオが人にそう尋ねる理由を教えられたとき、激しい怒りを覚えた。

一体どうして?


この問題ページに行く

解説を見る

米が恐怖したホラー映画『おじゅん』。

CMで見た『カメオ』というキャラクターのインパクトに釣られて、
来週その映画を見に行くことにした私。

ところが昨日、カメオの妙な『癖』の理由について、
同僚のウミオの奴に視聴前にネタバレを食らってしまった。

まさかあの妙な癖に、そんな深い理由があったなんて!
いやーもうすごい重要な理由だった。物語の核心を突くような・・・。うん。
詳しくは言えないけど。

とにかく、そんな重要なネタバレをされたら、もう映画を純粋に楽しむことは出来ない。
最後のどんでん返しも、簡単に予想できてしまった・・・。

聞いてもいないのに、事細かに私にネタバレを教えてくれたウミオ君には、
この拳をもってお礼をしておいた。

ネタバレする奴は殺すべし。慈悲はない。

「酔っ払いの戯言」「54ブックマーク」

[牛削り] 2015年03月15日08時53分
宿所に酒やツマミを持ち込んでの打上げ中のこと。

「ポテチ余ってる?」
向こうで飲んでいたエイキチが顔を覗かせた。
「おう、どれでも持っていきな」
ジュンペイはそう返した。
開封済みのポテチも中身はほとんど残っていたが、エイキチは開けていない方を持って行こうとした。

するとジュンペイは慌てて止めた。
何故だろう?


この問題ページに行く

解説を見る

お前、そっち側を掴んだら中身がこぼれるだろ!」

エイキチは、開封済みのポテチの開けていない側を掴んで持っていこうとしたのであった。

「ミスのある風景」「52ブックマーク」

[イエ] 2013年05月01日20時44分
はカーテンを開けて外を見た。
晴れた空の下に広がる景色はとても綺麗だった。
男は自分のミスに気づいた。

どういうことでしょう?


この問題ページに行く

解説を見る

る朝。
男は目を覚ますとベッドから起き、いつものようにカーテンを開けて外を見た。
晴れた空の下に広がる景色はとても綺麗だった。
あれ、いつも見るときはこんなに綺麗じゃないぞ? もっとぼやけてて……。
そこで男は気づいた。

「昨日、コンタクト外すの忘れてた……」