ウミガメのスープ鯖のマストドン『Latedon』登場!

マストドンって?→一言で言うとジャンル分けされたTwitterです。登録した全員のタイムラインが見れる特徴があります。詳しくはググろう!
ようこそゲストさん ログイン 新規登録 問い合わせ

「タバコ記念日」「1ブックマーク」

[おしゃけ] 2017年05月09日13時20分
この味がいいね」と君が言ったから、今日は…

女は美味しそうに煙草を吸う男を見て
涙を流し、この人と一生を共にしようと思った。


【煙草をサラダと置き換えても成立しますか?
ーNO、あまり考えにくいでしょう】

なぜ?



この問題ページに行く

解説を見る

人が病に倒れたと聞いて、駆けつける女。

気が気でない女の元に、電話がかかってきた。
「カメコ、悪いけど煙草買ってきてくれないか。」
「なによ、心配して損したわ。銘柄は?」
ウミガメセブン、赤いパッケージだよ」

ーーーー

「ウミガメセブンください。…あれ?パッケージは赤じゃなかったかしら?」

店員が差し出したのは黄色いパッケージの煙草だった。

ウミセンは今日から名前とパッケージが変わったんですよ、ラテシンって名前で。味は変わりないよ。」

ーーーーー

煙草を受け取った男は、慣れた手つきで煙草を取り出し、火をつけた。

「フゥー、ありがとう。やっぱり、この味がいいね。」

「全く、病気の時くらい控えなさいよ。

…名前が変わっても、本当に同じ味なのね。よかったわ。
知っていたならそう言ってくれれば良かったのに。」

「名前って、何の?」

「銘柄よ、パッケージもぜんぜん違うらしいじゃない。」

「……へえ…」

違和感を感じたのはそのときだった。
彼は、ウミガメセブンを私に頼んだ。
名前が変わったと知らなかったなら、それも頷ける。

だとすれば、パッケージまで変わった煙草を差し出されて、どうして何も言わず火をつけたの?
頼んだのと違うって、思わないの?

本当にいつもと違う銘柄なら、
この味がいいねって、どうして言えるの?


私は全てを悟った。

「あなた、もしかして…目が…」


煙草を吸うほど元気なんじゃない、
ただ手元の煙草を吸うことしか、出来なかったのね。

うつむきながら、手探りで灰皿を探すカメオの背を、カメコはそっと抱きしめた。



簡潔解説:
病に倒れた恋人に、煙草のおつかいを頼まれた女。
頼まれた銘柄は、丁度その日から、
味は同じに名前とパッケージを変えていた。

しかし、煙草を受け取った男はそれを気にとめる様子もなく火をつけ、
いつもと同じで「この味がいい」と言った。

男がパッケージの変化に気づけなかったことで、女は恋人が盲目となってしまったことを悟った。

「知らないままでいて」「1ブックマーク」

[うえすぎ] 2017年05月09日15時22分
メオが席を離れるとき、カメコはカメオの財布を鞄から取り出す。
そして元の状態に戻しカメオが帰ってくると、何もなかったように
仲良く店を出ていくのだった。

この状況を補完しお答えください。


この問題ページに行く

解説を見る

メコは常日頃から奢ってくれる恋人のカメオに対して悪いなぁと感じていた。
外食、プレゼントその他諸々。自分から贈るものより多くのものを渡すカメオに
自分ばかりが得をしていると悩んでいた。
なんとかならんものかと考えていたカメコは、外食中カメオがトイレに行く時だけ
こっそりカメオの財布に自分の料理代を入れることにした。
たぶん一人分の料理代くらいなら増えても気づかないだろう。
どんなに言っても割り勘を許さない頑固なカメオに対する最終手段だった。

そしてカメオが席に戻り、いつも通りカメオが会計をする。
カメコはしっかり自分の金を出し、カメオと仲良く店を出ていくのだった。


※見つかると誤解が生じますのでしないように

「Lateral film:犬」「1ブックマーク」

[澄椎 阿乱] 2017年05月09日19時32分
...④...③...②...①...


sceneA

犬が苦しそうに吠えている

sceneB

苦しそうに吠えるペットの犬を見て主人が微笑ましげにしている

question
主人は、何故苦しそうに吠える犬を見て、微笑んだのか?


この問題ページに行く

解説を見る

...④...③...②...①...

scene
子供と子犬が時を経て健やかに育っていく

そして成長したあくる日、犬が苦しそうに吠える

主人は最初こそ驚いたが、あることに気がついた

首輪のサイズが小さい為、犬の首が締まっていることに

「お前も大きくなったんだな」

そう言って微笑むと、主人は首輪を外してやった

answer
首輪が締まり苦しそうにしているということは
それ程健やかに成長したということを感じたから

「Lateral film:EV」「1ブックマーク」

[澄椎 阿乱] 2017年05月09日19時19分
...④...③...②...①...

sceneA
男が階段を登っている
階数表記には1Fとある

sceneB
階数表記は5Fとなっている
そこで男はエレベーターに乗る

sceneC
エレベーターが開き男が降りるとそこは1Fであった

question
何故、男は5Fまで階段で登った後、エレベーターを使って1Fに降りたのだろう?


この問題ページに行く

解説を見る

...④...③...②...①...

scene
男はエレベーターに乗ると一瞥して独り呟いた
「異常無し...誰かのイタズラかね、全く」

そうしてエレベーターの非情停止状態を解除すると男はそのままエレベーターに乗り、降りていった

answer
男はエレベーターの点検係
緊急停止したエレベーターを調べる為に、階段でエレベーターの停止階まで行き、点検を済ませたエレベーターを使い帰路についたのである

「私を嫌う私なんて……」「1ブックマーク」

[フィーカス] 2015年12月14日00時00分
校の教室にいるカメコは、一人カッターナイフで自傷行為をしていた。
親友であるカメミはカメコを止めようとしているのだが、カメオはそんなカメミの邪魔をする。

カメオは、どのような考えでカメミの邪魔をするのだろう?


この問題ページに行く

解説を見る

残酷な描写がありますので、注意してください。








長いので忙しい方は最後の要約を読んでください。


 フェイクロール――人は常に、誰かに対して偽りの役割を演じている。
 本当の自分とは何か……カメコは、常にそんなことを考え、本当の自分を探そうと思った。そして、自分の意識の中で、過去の自分に向き合う。

 小さい頃の自分、無垢に大人の言うことを聞き、将来の夢を語り、好きなことをしていた時代。
 自分は汚い大人に自我を作られた存在。そんなのは自分じゃない。自分を殺す。

 中学生時代の自分。悪い学友にいじめられ、お金を盗られ、暴力も振るわれた。大人しくしていれば、いつか収まるはずだった。
 どうして? 大人しくしていると、つけあがるだけだよ? そんな奴、ハンマーで殴り返せばよかったのに。大人しすぎた自分を殺す。

 そして今、高校生時代の自分。大人に騙され、殴られ、ののしられ、屈辱的な扱いを受けた時代。大人には逆らえない、これはきっと社会の摂理だ。
 いいや、違うよ。どうして反撃しなかったの? そんな大人、一人残らず殺せばよかったのに。弱虫な自分を殺す。

 今の自分。今まで殺してきた自分とは違うと思いこんでいる自分。
 でも、結局同じじゃん。いつもいつも、「昔とは違う」と思いこんでいるだけ。強くなりたいと願うだけ。
 どうすればいいのかわからない。頭の悪い自分を--



****


「違う!」と叫びながら、カッターナイフで手首を切り裂くカメコを見つけ、カメミは叫びながらカメコに近寄る。
「な、何してるの? ねえ、こんなことはやめて! はやく保健室に……」
 カメミはカメコを連れ出そうとしたが、カメコの手に触れた瞬間、カメオに腕をつかまれ、止められた。
「カメオ君、何を……」
「カメミ、カメコの邪魔をしないでくれ」
「何を言ってるの? 早く手当てをしないと……」
「手当て? 必要ないよ。そんなことより、カメコの邪魔をしないでくれ」
 カメオは無理やりカメミをカメコから引き離す。
「いい加減にしてよ! 幼馴染なんでしょ? 何でこんな状態のカメコちゃんを放っておけるの?」
「当り前さ。カメコが望んでやっていることなんだから
「……おかしいよ。何で? こんなに傷だらけなのに、何でそんなことができるの? カメオ君、カメコちゃんのことが好きなんじゃないの?」
 カメミが話している間にも、カメコはまた一つ傷を作る。カメコの手の先には、小さな血だまりができていた。
「やっと気が付いたんだよ。本当の愛っていうのは、相手のやりたいことをすべて受け入れることだって。だから、カメコがやりたいことは、すべて受け入れないといけないんだ。たとえ誰かを傷つけようが、殺そうが、自分を傷つけようが、ね」
「おかしいよ、そんなの……自分が好きな人が傷ついているのを見て、平気なんて……」
「平気じゃないよ。これでも最初、カメコがリストカットなんてやっているのを見た時はパニックになったさ。でも、今はちゃんと受け入れられるようになった。カメコがやりたいことは、ちゃんと見届けてあげなくちゃ……」
 カメオが言いかけた時、ドサリ、と音がした。カメコが完全に気を失って、倒れてしまったらしい。
「……さすがに手当てをしないとまずいな。僕が運んでいくよ」
 出血多量のカメコの右手を肩にかけ、カメオはゆっくりと抱え上げた。
「……僕だって、まだ完全じゃないんだ。最後までカメコのやりたかったことを、見届けてあげられなかったんだから。だから、こうして止めなきゃって思ってしまっている。所詮、まだ僕らは恋人や幼馴染といった、偽りの役割を演じているだけ。本当の役割は、赤の他人。本当の恋人同士になるには、まだ時間がかかりそうだね」
 カメオはゆっくりと教室から出ていく。その時、カメコは少しだけ笑っていたような気がした。
 そんな二人の様子を見て、カメミは倒れこんだ。

「……おかしいよ、こんなの。愛って何? 恋人って何なの? あんなに血だらけになるまで放っておかれて、何で笑っていられるの? そんなに信頼しているのに、それでも赤の他人って言えるって、どういうことなの?」
 カメオの考えに追いつけないカメミは、今までの人生観を壊されたような感覚を覚えながら、ふらふらと立ち上がった。

「こんなのを見せられたら、私、もう恋なんてできない……」


 カメミがこんなカメオの狂った考えを理解するのは、また別の話である。


要約:究極の愛が、相手のやること、やりたいことをすべて受け入れることだという考え。

フィーカス著(永遠に執筆予定)「xxxx(ナントカ)ロール」より