ようこそゲストさん ログイン 新規登録 問い合わせ

「ハッピーホスピタル」「33ブックマーク」

[なさ] 2013年08月17日00時45分
察室から嬉しそうにスキップで出てきたと思ったら、直ぐに真顔に戻った男。

一体何があったのだろうか。




この問題ページに行く

解説を見る

院で診察待ち中、辛そうにしている子供を、「すぐ治るからね」と励ましてる母親がいた。
その最中に男が呼ばれて立ち上がったらのだが、そのときにその母親が
「見てて。あの人も診察が終わったら元気になってるから」と
いきなり希望を担わせてきたので、男は診察が終わるとスキップで嬉しそうに診察室を出た。

親子はいなかった。

「ハンドメイドボックス」「33ブックマーク」

[水上] 2016年04月09日01時46分
のことを想いながら一週間に一つのペースで木箱に花を彫っている百合野茂雄。

その花が増える度、妻は悲しくなるという。

一体なぜ?


この問題ページに行く

解説を見る

の船旅の疲れを癒そうと机の上に用意したご馳走が温度を失ってから2時間。

百合野花の携帯電話に着信があった。

それは待ち望んだ夫からのものではなく、夫が乗った船の転覆を告げる電話だった。


一方その頃。

百合野茂雄は転覆した船から海に投げ出されたものの、運良く積荷のカラの木箱にしがみつき、大海を彷徨っていた。
しかし大時化の海の中では何もできず、茂雄は自分の運命を天に任した。

一夜明け…

木箱を握りしめながら気絶していた茂雄が目をさますと、あたり一面が砂浜だった。
茂雄は無人島に打ち上げられたのだ。

その日から茂雄の孤独な無人島生活が始まった。
島を軽く一周し、ここが無人であることを察した茂雄。
幸いなことに身につけていたウェストポーチには、ライターやソーイングセット、ナイフなど、
サバイバルに必要なものが揃っていたので、まずは雨風がしのげる屋根を作り、そこに船の転覆から救ってくれた木箱を置いてテーブル代わりにした。
ソーイングセットの針を曲げ釣竿を作ったり、小枝を集めて火をおこしたりと、ここでの生活の準備を整えていった。

そして一日が終わる。

茂雄は日数の経過を把握する為に、机代わりの木箱に正の字を刻もうとナイフを手に取ったが、
どうせなら一週間がわかるように7画の漢字を並べていこうと考えた。
そして頭に浮かんだのが妻の名前。「花」
離れ離れになってしまった妻の顔を思い浮かべて、ナイフを握り、木箱に印を付けた。

一週間が経過。

木箱に「花」の字が一つ刻まれる。

花は茂雄からの連絡を待ち続けている。

茂雄もまた救助を待ち続けている。

更に一週間が経過。

木箱に二個目の「花」の字。

救助を待つ夫と、夫の無事を祈る妻。

三個目の「花」の字。

現状は変わらない。

夫の焦燥と、妻の悲しみだけが積もっていく。


・・・


「花」の字が木箱を埋め尽くしてしばらく経ったある日。
無人島の近くに一艘の船が近づいてきた。
しかし船は通り過ぎていく。
呼び止める者が誰もいないから。
つい先日まで茂雄がいたその島は、無人島に戻ってしまったから。




そう。茂雄は長い無人島生活の中でイカダを製作し、無人島を脱出していたのだった。
「花」で埋め尽くされた木箱に、島で採れた果物や魚の干物、希望を詰めて。







おかえりなさい。







ただいま。

「Cさんの定例報告」「33ブックマーク」

[QQS] 2016年09月10日11時46分
AさんとBさんは共通の目標に向かって邁進していた.
しかし彼らはCさんからDさんの失敗を聞かされた途端,
それを一時的に中断してしまった.

一体どういうことだろう?


この問題ページに行く

解説を見る

Aさん&Bさん「タタタタタッ(ダッシュ)」
Cさん「Darumaさんがころんだ」
Aさん&Bさん「ピタッ(停止)」

「『ふしぎなポケット』」「31ブックマーク」

[のりっこ。] 2014年03月06日03時23分
ケットを叩く度にビスケットが増える。

一体どういう状況!?




この問題ページに行く

解説を見る

『正直に言いなさい!!!
おやつの時間まで食べちゃダメって言ってたビスケット、
食べたでしょ!?』

息子『た、食べてないもん!(´・_・`)』

母『嘘おっしゃい!!!
そんな子はお尻ペンペンよ!!!』

母の掌が息子のズボンのお尻のポケットにヒットする。

息子『痛ぁいっ!!!(´≧Д≦`)
ごっ、ごめんなさぁいっ!!!
たっ、食べました!!!!!(´;▽;`)』

母『何枚食べたの!!!』

息子『い…1枚だけ…(´・_・`)』

母『嘘おっしゃいって言ってるでしょっ!!!!!』

ペーン!!! ペーン!!!

息子『ヒイイイイッ!!!
にっ、2枚ですっ!!!!!(´;Д;`)』

母『お母さんが買ってきたビスケットだから何枚減ってるか位わかってるのよ!!!!!』

ペーン!!! ペペーーン!!! ペペペーーーン!!!

息子『ぎゃあああああ(´π□π`)
さっ、3枚ですぅ!!!!!』

ペェーーーーーン!!!!!

…よ、4まペェーーーーーン!!!!!
5まペェーーーーーン!!!!!
6ペェーーーーーン!!!!!
なペェーーーーーン!!!!!

…ペーン…ペーン…ペーン…!!!!!



…ハァハァ…



息子『………ほんとは10枚です………』



母『最初からそう言いなさい。』



(´・_・`)はぁい。

「おみず」「31ブックマーク」

[yu-] 2014年05月31日12時40分
ップ一杯の水を見て、すかさず写真を撮る男たち。

何故そんなものを撮るのでしょうか?


この問題ページに行く

解説を見る

本を観光している外国人一行は、とあるファミレスにやってきました。

案内されるまま席につくと、彼らにお冷やが出されます。

外国人「ワタシたち、これ頼んでマセンヨ?(°_°?)」

店員「ああ、これはサービスですよ。( ^ω^ )ニコッ」

外国人一同「Σ(゚д゚)Wow!!」

外国人たちは、驚きながらお冷やを写メり出しました。
「ニッポン、ホントにいい国ネー(´☣౪☣)」