ようこそゲストさん ログイン 新規登録 問い合わせ

「これは本当にウミガメのスープですか?」「34ブックマーク」

[プエルトリコ野郎] 2015年04月01日23時57分
きつけの定食屋さんにやってきた男。
男は普段は自分で食事を作るのだが、面倒くさくなると時々ここへやってくる。
何を注文しようかとメニューを開くと片隅の方に新しくウミガメのスープが追加されていた。
なんとはなしにそのウミガメのスープを注文し、一口飲んだ男は店主に質問した。
「…店主さん…これは本当にウミガメのスープですか?」
「はい。これは間違いなくウミガメのスープですが…」
その返事を聞いた男は店主を殺してしまった。

いったい何でだろう。

※嘘を一回つきます! でも問題文に嘘はないよ。


この問題ページに行く

解説を見る

丁。




※この問題がウミガメのスープというのは嘘です。本当は20の扉。

「ラストティータイム」「34ブックマーク」

[なさ] 2015年04月21日01時30分
お茶をもらえないかな。」
そう言う上司の机にお茶を運んだOLは会社をクビになった。

一体何故だろうか?





この問題ページに行く

解説を見る

台はとある飲食店。
OLの女はこの飲食店でアルバイトをしていた。
女がOLとして勤めている会社は副業禁止なので当然規則違反となる。

そんな飲食店にたまたま来店しお茶を頼んだ上司。
女はバイトリーダーに「○○番席にお茶持って行ってー。」と言われてお茶を持っていったために
副業していることが発覚し会社をクビになったのだった。


※ruxyoさんからアイデアをいただいた問題でした。

「不正発覚」「34ブックマーク」

[とかげ] 2015年06月10日23時03分
期試験でいつもより高得点を取ることができた少女は、「お母さんに怒られる……」と大慌てだ。
どういうことだろう?


この問題ページに行く

解説を見る

ストの点数が102点だったため、親に今までのテストも100点満点ではなく200点満点であったことがバレるから。

「大好きなハンバーグ」「33ブックマーク」

[藤井] 2010年10月07日22時37分
日の晩ごはんはコウタの大好物のハンバーグだ。
キッチンから漂ういい匂いに彼は心を躍らせていた。

しかし食卓についた瞬間、コウタは歯を食いしばった。
一体なぜ?


この問題ページに行く

解説を見る

ウタの父親は、コウタが3歳の時に妻と離婚をした。そして間もなく再婚をする。
再婚相手である母親はどうしてもコウタの事を心から愛せずにいた。
そして再婚後の二人に宿った弟ユウイチの事を二人はコウタの何倍も可愛がっていた。
兄弟げんかをしていても咎められるのは必ずコウタの方。二人が同時に泣いていてもあやされるのはユウイチばかり。
身体的な虐待こそなかったものの、コウタは深く傷ついていた。

しかしコウタは母の作る美味しいごはんがとても好きだった。
今日の晩ごはんはどうやらコウタの大好物のハンバーグだ。キッチンからいい匂いがする。
コウタは母に疎ましがられないように部屋の隅で静かに座りながら、密かにわくわくしていた。
けれど今日はユウイチが風をひいて部屋で寝込んでいる。母は焼きたてのハンバーグと温かいごはんをユウイチの部屋へ運んでいったようだった。
コウタは早く食べたい気持ちを必死に抑え、大人しくじっと待っていた。

どれほどの時が過ぎただろう?
待ちくたびれたコウタに母が「コウタ、ご飯置いとくから。早く食べてね」と素っ気なく声をかける。
飛び跳ねるように急いで食卓につくと…ドキリ、大きく脈打つ心臓。目の前にあるのはなんとユウイチの食べ残しのハンバーグだったのだ。
言葉に出来ないほどの屈辱感にコウタは歯を食いしばる。いびつな形のそれにフォークを刺して一口食べると、ひんやり冷たい。
ほかほか焼き立て、まんまるのハンバーグは?僕の分はないの?

コウタは黙って食べ残しのハンバーグを完食し「…ごちそうさま、」と食卓を後にした。
握りしめた拳に爪の跡が残る。けれどそれよりもずっとずっと、心が痛かった。

「読んでいる本は?」「33ブックマーク」

[+チック] 2013年03月01日01時55分
れは私と息子の日常風景。

「ねえねえ、お父さん?」

「何だい?」

「最近、よく本を読んでるね?」

「ああ、お父さんは読書が好きなんだ」

「何の本なの?」

「ないしょだ」

「ええー、教えてよー!」

「じゃあね、当ててごらん。当てられたら教えてあげるよ」

「わかった!」

ということで、私の読んでいる本とは何でしょう?
20の質問で当ててください。
嘘はつきません。


この問題ページに行く

解説を見る

の本当の息子は一年前に交通事故で亡くなった。

私を悲しみのふちから立ち直らせてくれたのは、一体のロボットとの出会いだった。
それは自律学習が可能な高性能の子供型アンドロイドで、記憶も容姿もすべて亡くした息子のままよみがえってくれるのだ。

大金が必要だったが、私は息子を取り戻す一心で購入を決めた。

今、説明書で慣れない扱い方を理解しながら、あたかも戻ってきたかのように感じる息子との時間を大切にしていた。

「えー、わからないよ」
「今はまだ、わからなくていいよ」
「もう、お父さんのいじわるー!」

そう、まだ知る必要のないことなんだ。
いつの日か、自分で気づいたときに教えよう。

それでもずっと私の大切な一人息子には変わらないよ。

ということで正解は【息子(アンドロイド)の取扱説明書】でした。